八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

アドリブをする際、出したフレーズにちゃんと責任を持つようにしよう

最近アドリブ経験者の入会が増えていますが、そうした人たちに「出したフレーズに責任を持つ」という話をすると、必ず深く頷いたり一瞬フリーズしたりと、何らかのリアクションがあります。

やったことや考えたことはないけど、なんとなく心当たりがあるのでしょう。

いくつか音源として例を挙げたり、実演して見せたりするとさらに深く納得してくれます。

 

「出したフレーズに責任を持つ」とは、フレーズを1回で使い捨てないということです。

何らかのフレーズを使ったら、とにかくそれを語り尽くすまで使い続ける。

もちろんアドリブなので同じフレーズを同じタイミングで使うのではなく変化させるのですが、あくまでモチーフとするのは同じフレーズです(この辺が文章では伝え辛いのですが)。

そうするとジャズに必要な要素がどんどん足されていきます。

一方で、一般的なジャズの習得法に従ってフレーズを沢山覚え、覚えたフレーズをどんどん投入していくとジャズのようでジャズらしくない何かになっていきます。

【広告】(記事続く)

 

ある程度弾けるようになった人は、必ずそこで「一応ジャズ弾けるようにはなったけど、なんか違うぞこれ…」と悩みます。

僕自身もそういった経験をし、克服してきたのでよくわかります。

その「なんか違う」の根源は、フレーズを使い捨てすることです。

ではなぜフレーズを使い捨てる癖がついたかというと、ある種白人的な進化論が染みついてしまったのでしょう。

進化は善なりという暗黙のテーゼがあり、小から多は進化、シンプルから複雑化することも進化、だから良しと無意識に考えてしまうのだと思います。

しかし、一度そういった思い込みを疑いながら改めて往年のジャズを聞いてみたとき、進化はあれどもそれが必ずしも小から多、シンプルから複雑という変遷ではないと気づきます。

そのへんはややこしいのでいいとして、要は沢山のフレーズを弾けるようになってもジャズらしくはなってこないよということです。

逆に、フレーズの数を増やすのをやめ、ひとつのフレーズに責任を持てる(言い切るまで使う)ようになると、不思議とジャズになっていくということです。

詳しくは教室で。

 

【広告】

 

関連記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

ギタリストのためのアドリブの入り口
Amazon
八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com