八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

はじめてのジャズ 43 アドリブの何を聴けばいいか

アドリブは推しのフレーズに着目する

ジャズ初心者の人から、「アドリブの何を聴けばいいのかわからない」とよく言われます。

確かに、歌詞もないし、自分で弾けるわけでもないし、ただ聴いているだけでは漠然として何を楽しめばいいのかわかりません。

このブログではよくドラムとソロの関係性についても書いていますが、それも最初はなかなか聴き取れないかもしれません。

 

そこで、ソロの中で同じフレーズがどう使われているかという観点で聴いてみることをおすすめします。

今風に言うと”推し”のフレーズはどれか、ということです。

<img src=”jazz.jpg” alt=”ジャズのアドリブ”>

いいソロは同じフレーズが多い

いいソロというのは、だいたい同じフレーズを沢山使って推しています。

といっても全く同じものを同じタイミングで使うのではなく(それだとリフになる)、同じだけどちょっとずつ崩したり、別のフレーズとくっつけたり、分解したりしながら何度も使っていきます。

場合によっては全く同じフレーズを使い続けることもあります。

まずはソロをじっと聴いて、「あ、今のフレーズさっき出てきたやつだ」とか「同じフレーズ何回も出してきたな」とか逆に「同じフレーズから変化していったな」という箇所を探してみましょう。

そこからそのアーティストの癖が見えてきます。

 

ただし人によっては同じフレーズをあからさまに使わない人もいます。

特にマイルスはそうですね。

マイルスが難しいと言われるゆえんはそこでしょう。

k-yahata.hatenablog.com

同じフレーズをよく使うジャズミュージシャンは、有名どころではソニー・ロリンズデクスター・ゴードンハンク・モブレーウエス・モンゴメリグラント・グリーンあたりでしょうか。

他にもビバップのプレイヤーならだいたい皆そうやって演奏しています。

あと意外なところでいうとパット・メセニーもわりと同じフレーズを推す傾向があります(より正確に言うと、各セクションを同じカラーにまとめるソロを弾く)。

 

とりあえずソロはそうした観点で聴いてみると何かが見えてくると思います。

【広告】

 

はじめてのジャズ44へ

k-yahata.hatenablog.com

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜のジャズレッスン

peraichi.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

「はじめてのジャズ」電子書籍版

Kindle版

はじめてのジャズ

はじめてのジャズ

  • 作者:八幡謙介
  • 発売日: 2018/06/28
  • メディア: Kindle版
 

Book☆Walker版

bookwalker.jp

楽天kobo版

books.rakuten.co.jp

ジャズ小説「ラプソディ・イン・アムステルダム」

Kindle版

【ジャズ小説】ラプソディ・イン・アムステルダム

【ジャズ小説】ラプソディ・イン・アムステルダム

  • 作者:八幡謙介
  • 発売日: 2015/04/20
  • メディア: Kindle版
 

Book☆Walker版

bookwalker.jp

楽天kobo版

books.rakuten.co.jp