八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ギターを弾いているとき、同弦上での激しい移動の際は目線に気を付けるとうまくいく

弾いているときの目線

例えば、1弦を〈21 19 17 16・ 19 17 16 14・ 17 16 14 13〉と動いていくとします。

このとき、左手がうまくついてこないというケースが多々あります。

特にテンポが上がっていくともつれやすくなりますよね。

そんな場合は目線に気を付けましょう。

最初の4つを弾いているとき、おそらく多くの方は始点の21フレットを見ているのではないでしょうか?

それを最初のフレーズの終点である16フレットへと修正します。

16フレットを見ながら〈21 19 17 16〉と弾けばおそらく今までよりスムーズに弾けると思います。

<img src=”guitar.jpg” alt=”ギターを弾いているときの目線”>
これはイングヴェイを練習していて発見した法則です。

イングヴェイのフレーズには同弦上で高速移動するものが多く、ジャズでは使わない運指だったので苦戦していましたが、視点を変えると上手くいきました。

同じようなフレーズで苦戦している人は一度試してみてください。

サウンドハウス

あわせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

八幡謙介の教則本をチェック!
ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

  • 作者:八幡 謙介
  • 発売日: 2009/10/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

【広告】

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍をチェック!

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com