八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

はじめてのジャズ 36 ドラムの変化を聞こう

ジャズの要はドラム

ジャズといえば管楽器やヴォーカル、ギターなどを思い浮かべるかもしれませんが、ジャズを一番ジャズたらしめているのはドラムです。

そのドラムが何をやっているのかを聴けるようになるとジャズへの理解は一段と深まります。

1 楽器の使い分けを聴こう

ドラムは正式にはドラムセットといいます。

つまりいろんな楽器が合わさってできているということです。

ざっと挙げると、ハイハット・ライド・クラッシュなどのシンバル系、スネア、タム、バスドラム、さらにカウベルなど。

中でもハイハットライド(いずれもシンバル)はジャズにとって重要な楽器です。

ハイハットはクローズオープンで音が違います。

閉じていると「チッチッ」と刻むような音、開くと「シャー」と切り裂くような音になります。

また、半分開いておいて叩いた瞬間閉じる奏法もあります。

一方ライド「キンキン」と高音の金属音がします。

ハイハットは重い音、ライドは軽い音と言うこともできます。

ジャズの場合、セオリーとして曲の頭ではハイハットソロに入るとライドを使います。

とはいえ、最初からライドのときもあるし、ハイハットで始まってソロでもまだハイハット、そして盛り上がってきたところではじめてライドに移行するケースもあります。

それらは曲の流れに従ってアドリブで変化しているので、1曲1曲全然違います。

「あ、この曲はいきなりライドか」「この曲はハイハットのクローズではじめているな」などなど、ドラムの変化が聞き取れるようになっただけでもジャズの演奏の奥行きが分かるようになるはずです。

<img src=”drum.jpg” alt=”ドラムはジャズの要”>

2 ソロが盛り上がっているときあえてドラムを聴いてみよう

ソロが盛り上がってくると、当然そこで何が起こっているのか知りたくてソロに注意して聴こうとしますが、実はそこでドラムが重要な役割を果たしていることが多々あります。

極端にいえばソロが盛り上がって聞こえるのはドラムのおかげだったりします。

ですからそこであえてドラムをよく聴くことでアンサンブルの仕組みが見えてきます。

楽器でソロを取る人はドラムがどう来れば盛り上がるかを研究してみましょう。

3 フィルインを聞き逃さないようにしよう

フィルインというのは、さっきまでシンバルでパターンを叩いていたのに一瞬だけバカスカ自由に叩いてまたパターンに戻ることです。

古い言い方では「おかず」とも言います。

さて、これは何をしているのかというと、各セクションの切れ目を指示しているのです。

例えばAABA形式の楽曲だと、最初のAと2回目のAの切れ目にフィル、2回目のABの切れ目はちょっと大きめのフィル、そっから最後のAに戻るときにフィル、そして1コーラスの終わりに一番大きいフィル

これさえ聞いていれば今どこを演奏しているのか迷うことはありません。

また、フィルをちゃんと聴いているとドラマーは喜んでくれます。

楽器をやる人、これからジャズをやってみたいという人は絶対にドラムのフィルを聞き逃さないようにしましょう。

一般のリスナーでもフィルが聴けるようになると楽曲のセクションが自然と頭に入ってくるようになると思います。

【広告】

 

はじめてのジャズ37へ

k-yahata.hatenablog.com

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜のジャズレッスン

peraichi.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

「はじめてのジャズ」電子書籍版

Kindle版

はじめてのジャズ

はじめてのジャズ

  • 作者:八幡謙介
  • 発売日: 2018/06/28
  • メディア: Kindle版
 

Book☆Walker版

bookwalker.jp

楽天kobo版

books.rakuten.co.jp

ジャズ小説「ラプソディ・イン・アムステルダム」

Kindle版

【ジャズ小説】ラプソディ・イン・アムステルダム

【ジャズ小説】ラプソディ・イン・アムステルダム

  • 作者:八幡謙介
  • 発売日: 2015/04/20
  • メディア: Kindle版
 

Book☆Walker版

bookwalker.jp

楽天kobo版

books.rakuten.co.jp