八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ギターに張る弦の太さはギターに聞くのが一番

弦のゲージの太さ

「ギターに張る弦のゲージは太いほうがいいのか、細いほうがいいのか?」といった質問を時々受けますが、結局はギターに聞いてみるのが一番良いと思います。

個人的には08を張って問題なければそのままにしますが、なんか合わないと思ったらひとつ太くしてみます。

メイプル/アルダーのストラトは08ですが、マホガニー/ハカランダのストラトは09にしています。

また、Martinのアコギも試しに10を張ってみたのですが全然よくなかったので、思い切って12に変えました。

多分今後も12でいくでしょう(めっちゃ弾き辛いけど)。

フルアコは昔13を使っていましたが、今は11です。

10まで下げるとたぶん物足りなくなるでしょう。 

<img src=”accusticguitar.jpg” alt=”アコースティックギター”>

いちど異なるゲージの弦を揃えて、時間がある時に全部試してみるとそれぞれのギターにベストな弦のゲージがわかると思います。

 

追記:2020年7月現在アコギには10を張っていますがちょうどいいです。

【広告】

 

関連記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com