八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

運指、フィンガリング、押弦

ギターのフォームを学ぶ意義 フォームを無視していいのは天才ギタリストだけ

フォーム不要論 エレキギターの世界にはいつまでもフォーム不要論がはびこっています。 「歴史に残るギタリストのフォームを見てみなよ、一人一人全然違うだろ?だからそれぞれ個性が出て素晴らしい演奏ができる。つまり”正しいフォーム”なんて存在しないん…

ギターのフィンガリングで力みが出てしまうNG例

同じ弦でのフレーズ 同弦上で次のようなフレーズを弾くとします。 なんでもないフレーズで、誰でも弾けるようなものですが、それだけについ力みながら弾いてしまったり(力みながらでも弾けるから)、合理性を目指して非合理的な弾き方になってしまうことが…

ギターのハイフレットを弾きやすくするための身体操作

ハイフレットは力みが生じやすい イングヴェイのFar Beyond The Sunを練習していて、つくずく感じたのが、ハイフレットの弾き辛さです。 特にストラトの場合、ボディとネックの結合部分が四角くなっていて、こいつが邪魔で仕方ありません。 手首を折ればハイ…

コードチェンジができない! コードをスムーズに切り替える練習法

コードチェンジとは? 音楽用語で「コードチェンジ」とは本来コード進行のことを指しますが、ここで言うコードチェンジとはコードからコードにパっと切り替えるという意味です。 一個一個のコードはちゃんと押さえられても、コードチェンジができないと曲が…

ギターのフィンガリング(運指)が疲れる人は、加算式フィンガリングを行っている!

加算式フィンガリング ギターを教えていて最近気づいたことがあります。 それは、フィンガリング(運指)を加算式で行っている人がいるということです。 加算式フィンガリングとは僕が作った言葉ですが、押弦する度に弦への圧力が加算されていくフィンガリン…

ギターの運指フィンガリングを「配置」すると左手は緊張する

運指(フィンガリング)を配置する癖 ギターをある程度やっていると、運指(フィンガリング)を「配置」する癖がついてきます。 どういうことかというと、例えば1弦4F、5F、7Fを連続して弾くようなフレーズのとき、左手人差し指を最初から4Fに、中指を…

ギターのフィンガリングに力みが残る人は脇を締めて弾いてみよう

ギターを弾いているとき、左の脇は空いていないか ギターを弾いていて、フィンガリングがどうも上手くいかない、左腕がずっと重い、ひっかかる、力んでいる気がするという人は、演奏中脇が空いていないかをまず確認しましょう。 脇が空いているとしたら、力…

ギターの運指で、押弦した後に指を上げるのは間違い

弦を押さえた後 ギターを弾くとき、弦を押さえた後、みなさんはどうしていますか? おそらく多くの人は弦を押さえた指を上げていると思います。 しかしこれが間違いなのです。 なぜかというと、指を上げると弦から指が離れすぎてしまったり、逆に力んだりす…

ギターのフィンガリング(運指)が詰まるのは流れに問題があるから

問題はその前にある ギターの運指がうまくいかない、あるポイントでどうしても詰まってしまうという場合、ほとんどの人はその箇所をどうにかしようとします。 それで解決するケースもありますが、多くの場合はどうにもなりません。 なぜかというと、問題はそ…

ギターの運指(フィンガリング)が上達する練習方法

あるフレーズを練習しているとします。 左手が追いつかない場合は、親指が固まっているか、弦を強く押さえすぎかのどちらかです。

ギターの運指が追いつかない人は左手の親指をネックにぎゅっと押さえつけているはず

先日とある生徒さんが来られて、前から練習している曲のリフがどうしても弾けないです、と相談されました。 で、弾いてもらうと、すぐに原因が分かりました。