八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

横浜でギター教室を運営するギタリスト八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

継続

自分の核となるものがある人ほどそれ以外のことをたくさん経験した方がいい

例えばギターを弾いてプロを目指すとします。 それがその人の核です。 そこでよくあるのが、「ギターや音楽だけ突き詰めるべきか、それとも他のことも経験するべきか?」という疑問。 ギターを弾いてミュージシャンを目指しているのに、小説や漫画を描いたり…

音楽を習ってきて一番感謝していることは、はっきり言ってくれたこと

今までいろんな人に音楽を習ってきて、一番よかったこと、感謝していることは、自分の状態をはっきり言ってくれたことです。 それをしてくれた先生は、覚えているだけでは一人だけ、教則本にも書いたリッチー・ハート先生です。 リッチーは大学のときの先生…

改めて、信頼できるのは継続している人だと感じられたこと

とある分野に二人の先生がいます。 仮にA先生、B先生としましょう。 いずれも同じくらの知名度、実力があり、賛否両論でもあります。 ただ、決定的な違いは、 A先生 発言、行動がコロコロ変化する。 B先生 発言、行動が何十年も同じ。 このお二人についての…

主観と客観をぐるぐる巡っている状態がベスト

何かを続けていると、やがて主観と客観の問題に突き当たります。 自分はこれがいいと思っているのに、人からはダサいと言われた、微妙な顔で「う、うん…」と明らかにリアクションに困られた。 そうして、自分の”いい”が他人の”いい”とは違うらしいという問題…

継続と縁 縁があるかどうかはやめるときに分かる

習い事でも仕事でもなんでもいいんですが、熱心にやっていた割に簡単にやめられる人がいます。 一方、やめようと思っても簡単にやめられない人もいます。 自分の中でも『もうちょっと』『もしかしたらこの先になんかあるかも』『楽しくないわけじゃないし…』…

努力の源を外部に求めない方がいい

「誰かの応援で頑張れる」というのは確かにそうです。 身内や他人からの応援は、自分の心の中に不思議な力を生じさせます。 そのおかげで努力できた、辛いことも乗り越えられたという経験は誰でも一度はあるでしょう。 また、そうした経験から今度は自分が誰…

何かを目指している人は、今で全てを判断しないようにしよう

何かを練習している人は、間違いなく全員今それができるようになりたいと思っているはずです。 曲を練習している人は、今その曲が弾けるようになりたい、小説を書いている人は今文章力を上げたい、などなど。 しかし、俯瞰で見ると今できることに意味がない…

好きなことで食っていきたい人ほど自分を疑う必要がある

好きなことで食っていきたいという人はたくさんいると思います。 そういう人に対し「自分を信じろ!」とアドバイスする人がいますが、僕からすれば無責任極まりないと感じます。 好きなことで食っていきたければ、自分は徹底的に疑うべきです。 でないと必ず…

何かを継続していると起こること

最近、このブログでも横浜のギター教室でも継続の重要性についてよく話しています。 今回は何かを継続していると具体的にどうなるのかを、僕の体験から書いてみたいと思います。 あくまで個人の体験ですのでご了承ください。 継続についての記事はこちらをど…

心(気分)に従うと継続できなくなる 何かを続けたければ心を無視して動けるようになろう

ここ最近、何度か「やる気」について書きました。 k-yahata.hatenablog.com k-yahata.hatenablog.com 「やる気」も含めて、気分に左右されると物事の継続が困難になります。 なぜかというと、気分というのは常にコロコロと変わりコントロールが難しいからで…

何かをだらだら10年ぐらいやったらどうなるのかを自分の例で示すと

継続についてずっと書いてきていますが、じゃあギター以外で大してやる気も出さず、目標もなく、だらだらと続けて成果がでたものってあったっけなと考えてみたら、ちょうどいいのがありました。 古文書です。

長期継続するから失敗が失敗でなくなる、短期だと失敗だけで終わる可能性が高い

失敗したくないという考え方や、失敗そのものについて。 失敗への過剰な恐れは、恐らく短期でものごとを捉えているから起こるのだと思います。 この場合短期とは5年以下です。 5年で十分成功しようと考えたとき、1年失敗するともう1/5の時間をロスした…

継続は短期と長期で取り組み方が正反対となる

何事も継続しないと意味がありません。 そこで、継続するための方法論や心構えなどがあり、それらを実践している人も多いと思います。 ただ、一口に継続といっても、短期と長期では取り組み方が正反対となり、一方で有効な方法論が他方では全く無意味となる…

何かをはじめたり継続する際、理由があると、その理由のせいで潰れるかもしれない

人は何かを継続する際、たいてい理由が必要になります。 好きだから、キラキラしたいから、役に立ちそうだから、応援してくれる人がいるから、などなど。 それらが力になり、継続し、やがて花開く人もいます。 我々がよく目にするエピソードもそうした成功者…

失敗は単なるデータでしかないと考えると行動しやすくなる

最近、堀江貴文氏のYOUTUBEチャンネルをよく見ています。 起業を目指す若い子の質問に堀江氏が辛辣なコメントをする一種のエンタメとして非常に面白いのですが、質問のほとんどが「失敗したくない」という文脈で書かれてあって考えさせられます。 というか、…

「やる気」は政治利用できるから怖い

「やる気」について第三弾。 過去の記事はこちら。 k-yahata.hatenablog.com k-yahata.hatenablog.com 誰でも、やる気のある人が好きです。 特にリーダーや指導者はやる気のある人が大好物です。 自分の言うことに人がハキハキと従う姿を見ていると脳内物質…

やる気があってやる人はやる気がないからやらない人と同じ 一番強いのはやる気がないのにやれる人

前回の続きです。 k-yahata.hatenablog.com 例えば、やる気を出してなにかをする人がいます。 そういう人は周りから尊敬され、褒められます。 実際、見ていて気持ちいいものですし、キラキラして見えます。 一方、やる気がないから何もしない人がいます。 こ…

継続を妨げているものは「やる気」 やる気頼みで何かをはじめると必ず中途半端に終わる

物事は継続することが大事です。 では何かを継続するためにどうすればいいか? と考えて、多くの人はやる気に着目します。 やる気を出せれば何かを継続するなんて簡単、努力も苦じゃなくなるし、楽しくなってくるはず、だからやる気を出そう! やる気が出な…

今年の目標とか立てても意味ないのでやめとこう

毎年新年になると今年の目標を立てる人がいると思いますが、あんなものは何の意味も無いのでさっさとやめるに限ります。 なぜか? そもそもたった1年で叶うような目標なんて大したことではありません。 また、目標を立てるとそれがゴールになってしまいます…

「好きなことなら続けられる」は嘘 「好き」で続けられるのは5年程度が限界

最近、「好きなことをやるのが一番」「好きならなんでもできる、困難に耐えられる」といった文句をよく目にします。 確かにそれは一理あります。 しかし、「好き」の力が継続するのは長い目で見るとほんのわずかな時間でしかありません。 だいたい何でも5年…

正解を引き当てるのではなく、継続したことが正解になっていくから、これだと思ったら続けるべき

まだ若いうちはなんとか正解を引き当てようともがきます。 例えば、ふたつのバンドで活動していて、どっちに本腰を入れるのが正解か? 小説なら新人賞を粘り強く狙って出版社からデビューするか、さっさと電子書籍で個人出版してファンを獲得していくか。 な…

気持ちを確認しないと継続できないなら早めにやめといたほうがいい

先日の記事の続きです。 k-yahata.hatenablog.com 様々な分野でプロを目指している方は大勢いらっしゃると思います。 その中で、強い気持ちをキープしようと努力している人もいるでしょう。 いわゆるモチベーションというやつです。 プロを目指すきっかけ(…

「気持ち」を優先する人は長続きしない

何かを継続するためには気持ちが大事だと言われます。 強く思ったときの気持ちを持ち続ければ、どんな苦難も乗り越えられるとか…。 さて、横浜でギター教室をしながらたくさんの人を見てきましたが、結論から言うと、気持ちと現実はほとんど関係ありません。…

「誰々に認められること」がモチベーションだと後々疲れる

音楽にしろなんにしろ、目標やモチベーションが重要である事は言うまでもありません。 しかし、ほとんどの場合「その後」のことについては全く言及されていません。 ただただ「モチベーションを上げよう」とか、「目標達成のために」といったメソッドやマイ…