八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

横浜でギター教室を運営するギタリスト八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

現代社会

小田急線で乗客を切り付けた対馬悠介容疑者は「INCEL」(インセル)だと思う

8月6日、小田急線車内で対馬悠介容疑者が包丁で次々と乗客を切り付け、最後にはサラダ油で放火未遂したという事件。 幸い亡くなった方はいないようですが、重軽傷を負った方は多いようです。 報道によると、対馬容疑者は幸せそうな男女を見ると殺意が芽生…

社会とアーティストの関係を”そっち側”の論理から考えてみる

小山田圭吾氏の炎上騒動で、僕は「アーティストなんて多かれ少なかれ”そっち側”」と書きました。 k-yahata.hatenablog.com 一定の反響があり、その中で『お前もミュージシャンなら”そっち側”の考えをもう少し詳しく書くべきだろう』という意見が散見され、確…

小山田圭吾氏の記事に対する解説とブコメへの返答

先日書いたこちらがバズってました。 k-yahata.hatenablog.com これはバズを狙って書いたので、見事当たったのが嬉しかったです。 はてぶも122件ほどつき、僕のブログでは過去3番目の多さです。 ただ、近年はネットと距離を置いていて、匿名の意見は読まない…

リモートの不定着と、「場」の重要性

コロナの感染が拡大してすぐリモートが流行りましたが、気がつけばもうすっかり死語みたいになっています。 結局リモート飲みも定着しなかったし、リモートワークもそれはそれで問題だらけ、会社という場所の重要性(?)が逆に浮き彫りになったかたちとなり…

オリジナルになりたい人は、純粋に「作品と自分」という関係性を構築した方がいい

今は、「自分はどう思うか」を考えることが難しい時代だといえます。 例えば、ある楽曲があるとしましょう。 それについて、世間の総意を簡単に知ることができます。 レビューに目を通せばだいたい平均的な感想が知れるし、SNSを検索すれば、だいたいのとこ…

Youtuberもぼちぼち信用できなくなってきたなあ…

最近部屋の収納や作業スペースを見直したくて、ガジェット系や収納系の動画をよく見ていました。 モデルルームのように隅々まで統一されたお洒落な仕事部屋で、ひとつひとつの洗練されたガジェットを芸能人さながらのイケメンが地上波TV顔負けのクオリティの…

政治を語るアーティストより政治を語らないアーティストの方がよっぽど政治巧者である

近年、アーティストや芸能人(以下総じてアーティスト)がSNSで政治を語る場面が増え、その都度議論となっています。 「アーティストが政治を語るな」 「いや、アーティストだって政治を語って当然」 個人的には後者の意見に賛成ですが、よくよく考えてみる…

大学教授や知識人SNSで失言してしまうのは、感情で文章を書く喜びが一般人より強いから

2020年9月、京都精華大学の教授がSNSで松任谷由実氏に対し暴言を吐き、炎上しました。 ニュースでも取り上げられ、大学教授がなぜこんな失言をSNSでしてしまうのかと不思議がられていました。 こういった、賢いはずの人がSNSで失言し、炎上するケースは…

SNSはスラム街だといつになったら気づくんだろう…

SNSは健全な空間ではない SNSでの誹謗中傷や犯罪につながる行為が取りざたされている昨今、いまだにSNSは健全な場だという建前を固持する人が多くて不思議な気持ちになります。 SNSは誰もが自由に使えて、自由に発言できる場所。 誹謗中傷や犯罪まがいの行為…

アメリカにいたとき、銃社会を身近に感じた話

アメリカにいたとき、ラテンバンドに参加していて、毎週末ツアーがあり、たまーにブロックアイランド(ブロック島)という島でライブがありました。 ブロックアイランドはロードアイランド州の沿岸からフェリーに乗って行けるアメリカの離島です。 ボストン…

木村花さん逝去事件を受けて ネットの誹謗中傷に最も有効な反撃は無視

プロレスラーでテラスハウスメンバーの木村花さんが逝去された件で、改めてネットの誹謗中傷が議論に上がっています。 僕ももう10年ぐらい前からそういうのを確認していて、何度か対応したこともあります。 偶然相手を特定したこともありました。 裁判はし…

コロナ渦が収まる頃にはYOUTUBEはテレビ化している

コロナウイルス拡散以後、YOUTUBEに次々と大物が参戦し、その流れは止まりそうにありません。 一部挙げると、中川翔子、松田聖子、玉置浩二、橋下徹などなど。 スポーツやその他専門分野でも、その道で有名な人のYOUTUBEチャンネル開設は増えているそうです…

学校の勉強が何の役に立つのかをギタリストが考えてみた

歴史や数学など、学校で習うことが将来何の役に立つのかといった議論はよく見られます。 まあ、中には学校で習ったことがそのまま社会で役に立つケースもありますが、ほとんどは役に立ちません。 じゃあ学校なんていらないじゃないかというと、大人になって…

コロナに関してやたら上から目線で日本人に忠告してくる海外在住の日本人について

僕は基本コロナ情報は政府発表と感染者/死亡者の推移・分布ぐらいしか見ないようにはしているんですが、それでも色々と情報は入ってきます。 中でも少し前、海外在住日本人の日本への忠告がSNSでバズりました。 要約すると、 ○○(←その人が住んでる海外の都…

コロナ情報は政府と自治体発表だけ見て他は全部シャットダウンすればわりと安心できる

新型コロナウイルスの情報が世にあふれかえっています。 普通に暮らしているだけで情報が多すぎて何を覚え、何に注意し、どう考えればいいのかパンクしてしまいそうです。 そこで僕はあれこれ考えた末、政府と自治体の発表だけ受け止めるということにしてい…

最悪の状況でもぎりぎり生き延びられる選択をしてきた結果、コロナショックは乗り切れそう

最悪の状況を想定 僕は何かをするときに、まず最悪の状況を想定します。 もちろんいいことも考えますが、やる気があって仲間がいてお金も人も集まって、その上社会がちゃんと回っているときはまあ何しても上手くいくでしょう。 だからいいときのことはあんま…

椎名林檎(東京事変)がライブを中止すべきだった理由 あと野田秀樹氏の意見書について

新型コロナウイルスの拡散が拡大する中、2月26日、政府は2週間程度イベントの中止、延期を要請しました。 その直後(当日)から相次いでイベントがキャンセル、あるいは無観客開催するなどの対応がなされてきました。 そんな中、2月29日に椎名林檎率…

槇原敬之氏の逮捕で「がっかりした」とか言っている人は、アーティストを聖人君子だとでも思っているのだろうか?

槇原敬之氏の逮捕で、いつものように「がっかりした」「残念」「もう曲を楽しめない」という意見が出ています。 あんなにポジティブで明るいメッセージを歌にできる人がなんで薬物をやめられなかったんだろう……? そう不思議に思う人、戸惑う人が多いようで…

YOUTUBEのテレビ化について YOUTUBEは探して拡散するコンテンツから待って楽しむもの(=テレビ)に変貌した 

以前から何度か、もう今から素人がYOUTUBE参入しても無駄だよと書いてきました。 k-yahata.hatenablog.com 改めてなぜかというと、YOUTUBEのテレビ化が加速しているからです。 といっても、内容のことではありません。 単純に芸能人が参入しているというのも…

ブログを読むのもそこそこ読解力が要るらしいと改めて知った

先日書いたこちらの記事が軽くバズってますが、 k-yahata.hatenablog.com 改めてブログを読むのもそこそこ読解力が要る作業なんだなと感じています。 上記の記事を要約すると、 前提:DTM時代のお話 問い:楽曲って二極化してない? 主題:できたフレーズを…

YOUTUBEが規約変更で阿鼻叫喚らしい そっち行かんでよかったw

YOUTUBEが12月10日から規約変更するらしいです。 その内容に、 ・児童向けコンテンツの非収益化 ・採算の合わないコンテンツを削除できる というのがあるらしいです。 詳しいことはよくわからんのでご自分でググってください。 問題は採算の合わないコン…

SNSは文章と感情を強制的に近づける装置

SNSを辞めてしばらく経ちますが、最近ようやくSNSが何なのかが見えてきました。 結論から言うと、SNSとは文章と感情を強制的に近づける装置です。 本来文章は、感情を警戒し、できるだけ切り離して遠ざける性質を持っています。 そうしないとまともな文章が…

にわかに寛容になればどんなジャンルも簡単に新しいファンを作り、ブレイクすることができるとラグビーが教えてくれた

ラグビーワールドカップが大盛況のうちに幕を閉じました。 ここまで盛り上がるとは誰も思っていなかったでしょう。 スポーツ嫌いな僕ですらご多分に漏れずにわかラグビーファンになってしまいました。 ここまで盛り上がった要因は日本代表の快進撃もあるでし…

やっぱりYOUTUBEやめといて正解だった

ずいぶん前ですが、YOUTUBEにミニレッスン動画をたくさん上げていたことがありました。 これからはYOUTUBEが来る! と言われていた頃です。 その後実際にYOUTUBEの時代が訪れたわけですが、僕はその前にレッスン動画を全部消しました。 ひとつはレッスン動画…

SNSを辞めてみたらいいことしかなかった

2018年にフェイスブックを辞めて、2019年6月にツイッターも辞めました。 そこから3週間ぐらい経ちましたが、SNSを完全に辞めて改めて思うことは、「いいことしかない!」です。 まず、良くも悪くも他者の反応に振り回されなくなります。 SNSに何か…

SNSの炎上はピーターバラカンスタイルで鎮火させるのが最も効果的

少し前、メタルについて書いたらブログが炎上しました。 もしかしたら自分史上はじめての炎上だったかもしれません。 クソリプも飛んできて「さて、どーすっかな」と考えたところ、あることを思い出しました。 それはピーターバラカンさんの炎上事件です。 w…

ブログやSNSで発掘・紹介をしている人は絶対に途中でやめてはいけない

それぞれのジャンルでまだ知られていない人を発掘・紹介するといった趣旨のブログやSNSがあります。 それ自体はとてもいいことだと思うのですが、これらのアカウントにはある特徴があります。 それは、だいたい中途半端なところでやめてしまうことです。 短…

SNSをやめて20日経ったので今の心境や生活の変化を書いてみる

Facebookを退会し、Twitterにツイートしなくなって約20日 ほどが経過しました。 懐かしのmixi時代から数えると実に10年ぶりぐらいにSNSのない生活に戻ったことになります。 そこで、今の心境や生活の変化などを書いてみます。 はっきりいって、毎日めっ…

Facebookやめた あとSNS疲れとかについて

2018年4月12日をもってフェイスブックを退会し、アカウントを削除しました。 あと、それ以前からですがツイッターも可能な限りツイートを削除し、今はブログシェアと質問箱の回答にしか使ってません。 いわゆる、SNS疲れというやつです。 具体的に何…

ネット上の「世間」は注意深く選別しなければならない

前回、何かをやるならまず世間の評価を受けよと書きました。 このとき気を付けることがひとつあります。 ネット上では、その「世間」を注意深く選別しなければならないということです。 一昔前までは、世間といえば本当に世間でした。 しかし現代、ネット上…