八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

人間考察

自分のレベルを低く見積もっても何もいいことはないので、きちんと修正して適正レベルで生きた方がいい

自分のレベル 技術、学力、能力、容姿などなど、人にはそれぞれレベルがあります。 そのレベルを測り間違うと色々としんどいことが起こってきます。 今回は、本来レベルの高い人が自分のレベルを低く見積もってしまったケースについてお話します。 美人すぎ…

準備してから動くか、先に行動してから準備するか

行動するタイミング 先日、何かにチャレンジしたいとき、入念に準備してから動いた方がいいのか、それとも準備が不十分でもすぐに行動した方がいいのかという相談がありました。 こういった悩みを抱えている人も多いと思うので、僕なりの見解をここでシェア…

感動は意外と安っぽいもの 感動以上の価値を知ろう

感動は素晴らしい、が… 感動することは素晴らしいことです。 それ自体は全く異論はありません。 が、感動が最高の状態、最高の価値であり全てがそこを目指すべきかというと、意外とそうでもありません。 というのも、感動は意外と安っぽくてインスタントなも…

承認を求めて彷徨う承認ゾンビにならないために、根拠のない自信を持っておこう

根拠のない自信 よく「自信を持つことが大事」と言われます。 また、その自信に根拠がなくてもいいとも言われます。 長年このトピックについて考えてきましたが、現在では基本的に賛成です。 僕も、根拠のない自信は持っておいた方がいいと考えます。 ただ、…

上を見るか下を見るかではなく、大事なのは外を見ること

上を見るか下を見るか 「人間は二種類しかいない、上を見て戦うか、下を見て満足するか」みたいな格言(?)があります。 前者が正しい人やあり方、後者は悪であり人として怠慢という意味で使われます。 一見正論風で力強く、ロマン主義的な甘いソースもふん…

平等なチャンスという残酷 恵まれないことに愚痴れることは意外と幸せだったりする

機会の不平等 世の中は残念ながら不平等です。 何かを目指して皆が同じスタートラインに立てるわけではありません。 また、スタートラインが同じでもある人はボロ船、ある人は豪華客船に乗っていたりします。 また、ある人には最高のクルーがついており、あ…

何者かを目指している人は自分を消す努力をしよう

自分を消す必要性 何かを学び、オリジナルを目指す過程で絶対に必要なのは、自分を消すことです。 自分の意思、好き嫌い、(今持っている)個性、その他あらゆる”自分”を一度消さないと一人前にはなれません。 ではまず、自分を消さないとどうなるかを考えて…

何かを目指している人は、”今”で全てを判断しないようにしよう

今できるようになりたい 何かを練習している人は、間違いなく全員“今”それができるようになりたいと思っているはずです。 曲を練習している人は、”今”その曲が弾けるようになりたい、小説を書いている人は”今”文章力を上げたい、などなど。 しかし、俯瞰で見…

虚無を手なずける

虚無を手なずける 何かを目指していく仮定で、人は必ず虚無に襲われます。 虚無とは、「○○しても無駄」「どうせ○○なだけ」などなど、ネガティブな感覚や無気力感です。 これに襲われてしまうと停滞し、先に進めなくなり、やる気が削がれ、その道からリタイヤ…

自分は信じるべきではないが、他人はいっぺん信じてみるべき

自分は信じるな 以前の記事で「自分は信じるな」と説きました。 詳しくはこちらから。 k-yahata.hatenablog.com 簡単にまとめると、 自分を信じるとできもしないことをやろうとして破滅する危険性がある。 やったらできることを「自分には出来ない」と信じる…

好き=全肯定する義務、嫌い=嫉妬……みたいな構図が理解できない

好き=全肯定? 嫌い=嫉妬……? 何かを好きというとそれを全肯定しないといけない義務を課したり、嫌いというと「嫉妬してる」と言う人がいますが、理解できません。 例えば僕はアイドルが好きですが、アイドル文化の全てを肯定しているわけではありませんし…

マインドセット、メンタルセットはやるだけ無駄だし必要ない

相談 先日、音楽以外で僕にご相談があり、お話をお聞きしました。 ざっくり言うと、目標のために勉強を続けたいけど、モチベーションが続かない、やる気にムラがある、くじけそうになる、などなど。 そこで僕のブログにある「やる気」や「継続」といったトピ…

実際にあった巧妙な責任転嫁の手法

責任転嫁 何かミスをしたとき、誰でも一瞬はその責任から逃れたいと思ってしまいます。 ただ、多くの人は責任を認めて謝罪なり行動変容を起こそうとします。 しかし、一部の人は巧妙に責任を転嫁し、さらに自分のポジションを上げようと画策してきます。 今…

ひとつのことがきっかけで人が劇的に変身するということはない

よくある宣伝文句 このような文章を目にしたことはありませんか? 自分は落ちこぼれ 周りからは笑われ、見下されていた 自分には才能がない、もう諦めよう… そう思っていたとき、あることに出会い、藁をも掴む思いで手をだしてみると みるみる上達、気がつい…

悪口ばかり言ってる人の末路 美輪明宏さんの言っていることを自分の周りに当てはめてみた

悪口ばっか言ってる人は… たまたまYoutubeで美輪明宏さんのラジオか何かをUPしている動画があり、なんとなく再生していました。 悪口ばかり言う人はどうなっていくのかというテーマでお話されていました。 要約すると、 いい人が離れていく 悪い人が寄ってく…

才能がーって言う人は努力や金でできることをやり尽くした上で言ってんの?

才能がない? 最近は減りましたが、以前は若い子でまだギターも全然弾けないうちから才能について悩む人が一定数いました。 『自分は才能がないから…』 『先生、僕才能ありますか?』 などなど。

怒られ慣れって何? 大人は怒るとき何を考えているのか、若者はなぜ怒られても動けないのか

最近の若者は怒られ慣れていない 「最近の若者は怒られ慣れていない」とよく聞きます。 だから怒ったら/怒られたらそこでコミュニケイションが終了してしまうとかなんとか。 これについて、どちらかというと若い子が弱くなってしまったことが悪いけどそれに…

強くなって何かをしようとするよりも、弱いままでできることを実践した方が合理的

人は何かを成し遂げるために強さを求めます。 腕力、体力、知力、経済力、コミュニケーション力、人脈、知名度、全て「強さ」といっていいでしょう。 それらのひとつ、あるいは複数を身につけ、その強さを武器に目標を達成しようと努力したり、困難に立ち向…

何かを目指しているなら、こういう人とはさっさと縁を切っておこう

ミュージシャンや漫画家、ダンサーなど何かを目指している人にとって、関わるだけ無駄な人種が存在します。 反面教師になるならまだましですが、無駄な付き合いで貴重な時間を浪費し、そのせいで目標が遠のいてしまうことが多々あります。 以下、付き合うだ…

今年も年末年始で長期オフをとったら新しい気づきがあった

年末恒例長期オフ ここ数年、年末年始にギターの長期オフを取っています。 理由はDMN(デフォルト・モード・ネットワーク)の発動です。 詳しくはこちらをどうぞ。 k-yahata.hatenablog.com k-yahata.hatenablog.com 休んだら脳が勝手に情報を整理してくれる…

自分だけの視点を持ちたければ自分の宿題となる作品(小説、漫画、アニメ)について考え続けよう

僕はよく視点が独特だと言われます。 そこに興味を持ってもらえたり、あるいは反発されたりといろんなリアクションがあります。 さて、僕がそうした独自の視点をどうやって獲得したのかというと、これははっきりしています。 文学を読むことです。 ではなぜ…

修行システムの是非について 自分のレベルを階層化し、その特性を考えると修行システムの意義が見えてくる

どんな分野でも、レベルアップするためには謙虚さと忍耐が必須です。 そのためにはいわゆる「修行」が必要であると僕は考えます。 以下それを具体的に説明します。 どんな分野でも、今の自分のレベルでは見えない、理解できない、存在すら予感できないという…

二十代後半で必ず謎の万能感が訪れるので、その時に頭を押さえてくれる人が必要

以前どっかで書いた覚えがありますが、人はなぜか二十代後半ぐらいで謎の万能感に襲われます。 自分はもう何でも知っている、何でもできる、やりつくした、といった感覚です。 もちろんこれは錯覚なのですが、二十代後半という独特の年齢からそれに気づかず…

全体の話をしているのになぜかそれを個人の話にすり替え、論破しようとしてくる人を相手にしてはいけない

ブログを書いて、それなりに反応が出たりすると、必ず「全体の話」を「個人の話」にすり替えて反論してくる人が出てきます。 例えば僕は、このブログでジャズはこうだ、メタルはこうだと「全体の話」をよくします。 その方が不特定多数の人に届きやすいから…

人の役に立つことをコツコツやっていれば自然と結果はついてくる

音楽にしろ何にしろ、人の役に立つことをコツコツやっていれば、だいたい結果はついてきます。 もちろんすぐに出ることはまれですが、時間をかければ必ずといっていいほど結果はついてくるものです。 個人的にはギターレッスンや教則本がそうです。 自己主張…

いじる人は絶対に大成しない いじられて嫌な思いをしている人は今のうちに力をつけておこう

いじる・いじられるという関係性はどこにでもあります。 何度か書いていますが、僕は長いこといじられる側の人間で、嫌な思いをたくさんしてきました。 といっても潰れてしまうほどでもなく、いじってくるやつはほっといて、あるいはそこから逃げて自分が正…

追い詰められて開花した能力は自分のためにならない

僕の世代は、「人は追い詰められれば能力が開く、だからだからぎりぎりまで追い詰めることが愛情」という考えが一般的でした。 もちろん、全ての指導者がそうだったわけではありませんが、上記のことは普通の指導風景としてまかり通っていました。 こういっ…

嫌いなことをやるべきかやらないべきかで迷っている人はこう考えてみよう

僕の世代はよく「嫌いなことでも将来役に立つからやっておきなさい」と強制されてきました。 一方、最近では「嫌いなことをやっても何の役にも立たないから好きなことをやるべき」といった意見を多く耳にするようになった気がします。 これから何をやろうか…

型にはめたら個性がなくなるという考え方は間違い

昔から、「型にはめたら個性がなくなる」ということをよく言われてきました。 僕自身は半信半疑だったのでそこまで型にはまることを拒んだ記憶はありません。 何にせよ上達するんならなんでもいいと思っていたので。 そうして教える立場になって十数年経ち、…

実は主観よりも客観の方に人は甘える傾向があり、しかもそれに気づかないことが多い

前回の続きです。 k-yahata.hatenablog.com 一般的に、主観は甘えで客観は忍耐であるとされます。 自分はこう思う、自分はこうしたいというのは自分に甘えているだけ、他人の意見や先輩・先達からの教えを受け継ぎ、最初は不服でも忍耐を持ってそれに耐える…