八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ヴィンテージギター、機材

ヴィンテージギターやヴィンテージ機材についての考察、レビュー。

奥田民生氏のヴィンテージレスポール(1959 Les Paul Standard)動画

奥田民生氏所蔵、ヴィンテージレスポール ギター好きには有名な話ですが、奥田民生氏は1959年製ヴィンテージレスポールを愛用されています。 1959年のレスポールはヴィンテージギターの中でも別格で、今では2千万ぐらいが相場のようです。 たまたま…

ヴィンテージのストラトを買います!

ヴィンテージのストラトが欲しい! 先日ヴィンテージの330を手に入れてから、どうやらヴィンテージじゃないと満足できない身体になってしまったようです。 なので、ヴィンテージのストラトを買おうと思います。 といってもすぐには無理ですが。 たぶん人…

教室にて、新しく「ギター診断コース」を開設しました

自分のギターを客観的に評価してほしい ここ数年、生徒さんから「このギター弾いてみてください」「セッティングを見てください」「音の感想をください」とご自身のギターの批評を依頼されることが多く、そのおかげか、個体の違い、ヴィンテージの特徴、現行…

ギターのレンジの広さを測る方法

まず前提として、一般的なアンプ(分からなかったらRoandのJCシリーズ)につなぎ、ハイ・ミッド・ローをそれぞれ真ん中ぐらいにセッティングします。 サウンドはクリーンにしましょう。 単純に、アンプでサウンドに特徴を付けないということです。

ギターの「レンジが広い」について、個人的な解釈

レンジが広い ギターのレビューで必ずといっていいほど出てくる言葉に「レンジ」があります。 一般的にこの「レンジ」が広い方がいいギターだという文脈で使われています。 また、これは「鳴り」のような日本独特の謎の言葉ではなく、海外のレビューでもよく…

現行のギターでもヴィンテージに近い特徴を持つものもある

生徒さんのSG 先日、生徒さんが所蔵のSGを持ってこられました。 僕が言うヴィンテージの特徴が出てるような気がするので一度弾いてほしいと。 実際、弾いてみるとかなり多くの点でヴィンテージの特徴が出ていました。 ではヴィンテージギターの特徴をおさら…

Fender(フェンダー)のアンプがなんであんなにキツイ音がするのかがわかった気がする

Fenderのアンプはキツイ 弾いたことのある方はご存じでしょうが、Fenderのアンプの音はまーキツイです。 ハイはギャンギャン出るし、ローもズゴーンと響いたり、モデルによってもちろんキャラクターはありますが、総じてやりすぎな感は否めません。 これまで…

ヴィンテージギターの良さとは 特徴は? 音の違いは何? どうやって見分け(聞き分け)るの?

vintage(ヴィンテージ/ビンテージ)ってどういう意味? ギターをやっていると、必ず耳にするのがヴィンテージという言葉です。 また、ギターや楽器以外でも耳にすることもあるでしょう。 ただ、ひとくちにヴィンテージといってもイマイチ定義が分かりにく…

GIBSON ES-330 1966 Vintageレビュー

GIBSON ES-330を買いました 前回の記事の続きです。 k-yahata.hatenablog.com 全体像 渋いサンバーストです。個人的にサンバーストはあまし好きじゃないんですが、まあ色はそこまで気にしないのでOKです。 ヘッド いい感じに経年劣化しています。 ペグは交換…

GIBSON ES-330 1966 Vintageを買いました

ついにヴィンテージ330を購入! ずっと前から欲しい欲しいと言っていたヴィンテージのGIBSON ES-330を、この度ついに購入しました! その経緯とギターのレビューをします。 ヴィンテージに興味のある人は必読です。 330が欲しい! 遡ること1、2年前。 SNS…

ヴィンテージギターを楽器としてちゃんと使いたい人はフルオリを避けてあえてリペア済みを狙うべし

ビンテージ熱再燃 年々ヴィンテージギターへの憧憬が膨らんでき、最近もまた久々にヴィンテージ熱が再燃しています。 前燃えていたときは結局資金が融通できなくて流れてしまいましたが。 ただ、「ヴィンテージ欲しいなー」と思っても、同時にずっと心にブレ…

IbanezのTube Screamer(チューブスクリーマー:TS-9)ヴィンテージと現行を弾いた感想

Ibanez TS-9(チューブスクリーマー) 名機IbanezのTS-9(チューブスクリーマー)のヴィンテージと現行を弾いてみました。 実際にはちょっと違うんですが、説明が面倒なのでそういうことにしておきます。 ヴィンテージチューブスクリーマー あの音がぱっと出…

ヴィンテージのGIBSON ES-335を弾いてみた

ヴィテージのGIBSON ES-335を弾いた レッスンにて、生徒さんがお持ちのヴィンテージGIBSON ES-335を弾かせてもらいました。 以前ヴィンテージのストラトを弾いたときも感じたことですが、ヴィンテージギターは基本、弾き手がかなり頑張らないといい音しませ…

ヴィンテージギターは”経年変化”ではない 新品のギターが50年後にヴィンテージになることはまずない

ヴィンテージは経年変化ではない 先日も書きましたが、最近になってやっとヴィンテージギターのことがわかってきました。 弾いてみて一番納得したのは、ヴィンテージは経年変化ではないということです。 確かに、ヴィンテージといえども最初は現行の新品でし…

ヴィンテージの良さは20年ぐらいギターを弾いてからでないとわからない

ヴィンテージのよさ ヴィンテージギターに関してはいろんな意見がありますが、確実に言えそうなことは、20年ぐらいはギターを弾かないとわからんということです。 まずは自分の腕。 上手いかどうかではなく、自分が弾いたときにギターからどんな音が出るの…

Turn It Up エレキギターの歴史を紐解くドキュメンタリー作品

俳優のケビン・ベーコンがエレキギターの歴史と魅力を紐解いていく作品。 Netflixでなんとなく視聴しはじめて、すぐにのめり込んでしまった。

シングルコイルの手、ハムバッカーの手

ここ1年ぐらいで、ギター動画を観ていると「ああこの人はシングルコイルの手だな」とか「ハムバッカーの手だな」というのが分かるようになってきました。 それぞれのギターをきちんと弾きこなすためには、全く違うピッキングが必要となります。