八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ギターの奏法、脱力、フォーム

ギターを弾くと手首や指が痛い! 右手(ピッキング)、左手(運指)に共通する原因

ギターを弾くと手首や指が痛くなる 「ギターを弾くと手首や指が痛くなってくる」 これは当教室では定番のご相談です。 といっても教室では治療のようなことは一切いたしません。 ギターのフォームを矯正するだけです。 僕が考案したピッキング、フィンガリン…

コードチェンジができない! コードをスムーズに切り替える練習法

コードチェンジとは? 音楽用語で「コードチェンジ」とは本来コード進行のことを指しますが、ここで言うコードチェンジとはコードからコードにパっと切り替えるという意味です。 一個一個のコードはちゃんと押さえられても、コードチェンジができないと曲が…

ピッキングとフィンガリングを整えるだけでギターの音は見違えるほど良くなる

ピッキングとフィンガリングでサウンドは変わる 僕の教室では基本的に機材についてはあんまり話しません。 正確に言えば、サウンドを機材のせいにしないと言った方がいいでしょう。 サウンドが悪ければピッキングとフィンガリングを徹底的に見直します。 そ…

指板のR(radius)に対応したピッキング

ギターのピッキングはRにも対応するべき 以前から、指板のRに対してピッキングを意識的に変化させるべきかどうかを考えていましたが、なんとなく「ま、それぐらいは手が勝手に対応してくれるだろう」とスルーしてきました。 しかし、イングヴェイのFar Beyon…

右手の薬指が力んでいたので脱力したらちょっとフォームが変わった

ピッキングに力みを発見 数日前、ピッキングを観察していたら右手の薬指が力んでいることに気づきました。 ピックガードにちょっとだけ押しつけるように伸ばしていて、それが前腕をほんの少し重くさせていたようです。 それを抜くとフォームが分からなくなり…

ピッキングをする際の手首の角度と脱力の関係

手首の角度と脱力 久々に脱力ネタです。 最近はレッスンで手首の角度を指摘し、修正することが多いです。 その際、単純に3つのケースがあるのでご紹介します。 これはあくまでギターを持って弦の前に構えていざこれから弾くぞというときの話ですのでご注意く…

フォームに理論を持てば楽器の上達はそれほど難しいことではなくなる

理論通りのフォームを ここ最近、ピッキングを教えるときは必ずといっていいほど「理論通りに」と言っています。 理論とは僕が作ったピッキングの身体操作理論です。 一通り生徒さんにそれを教えて、後はそれぞれ定着させている段階ですが、ちょっとレッスン…

ダンべル使って筋トレしてたら腱鞘炎になった

久々に腱鞘炎になった 先日、めずらしく腱鞘炎っぽい症状が出ました。 ギターを弾いても痛くはなかったのでギターが原因ではなく(まあ、当たり前ですが)、ちょっとハードに掃除をしたからそのときに痛めたのかなと思っていました。 あと、急に寒くなってき…

ギターのフィンガリング(運指)が疲れる人は、加算式フィンガリングを行っている!

加算式フィンガリング ギターを教えていて最近気づいたことがあります。 それは、フィンガリング(運指)を加算式で行っている人がいるということです。 加算式フィンガリングとは僕が作った言葉ですが、押弦する度に弦への圧力が加算されていくフィンガリン…

ギターの運指フィンガリングを「配置」すると左手は緊張する

運指(フィンガリング)を配置する癖 ギターをある程度やっていると、運指(フィンガリング)を「配置」する癖がついてきます。 どういうことかというと、例えば1弦4F、5F、7Fを連続して弾くようなフレーズのとき、左手人差し指を最初から4Fに、中指を…

ギターのフィンガリングに力みが残る人は脇を締めて弾いてみよう

ギターを弾いているとき、左の脇は空いていないか ギターを弾いていて、フィンガリングがどうも上手くいかない、左腕がずっと重い、ひっかかる、力んでいる気がするという人は、演奏中脇が空いていないかをまず確認しましょう。 脇が空いているとしたら、力…

自分のピッキングを持っていることのメリット

自分のピッキングを持つことのメリット 自分のピッキングを持つことにどんなメリットがあるのか? 個性がつくれる 演奏が安定する 上達する その他いろんなメリットがあります。 中でも一番便利なのは、機材選びに迷わなくなることです。 機材への入力値とし…

ギターにおけるピッキングの練習は、ピッキングラインを把握し、整えるために行うもの

ピッキング練習は何のため? ギターを弾くために、ピッキングの様々な訓練があります。 フォーム然り、エクササイズ然り、サウンドや発音の研究然り。 ではそれらは何のために行うのでしょうか? 速弾きができるようになるため? 表情豊かなピッキングを獲得…

楽器の練習には必ず「究明「定着」という二つの段階がある

究明と定着 楽器の練習には必ず二つの段階があります。 ひとつは究明、もうひとつは定着です。 何かを練習しはじめたとき、最初はだいたい上手くできません。 そこでまず、できない原因を究明する作業が必要となります。 なぜできないのか、何が原因か……その…

楽器を練習する際、思い込みはどこまでいってもついてくる。だから理論が必要

練習に思い込みはつきもの 楽器を練習する際、思い込みは必ずつきまといます。 初心者だけでなく、プロも同様です。 僕自身フォームを専門に研究しているのに、気がついたら思い込みでフォームが崩れていたということが多々あります。 つい先日も軽い不調に…

不具合が起こるフォームは全て間違っている

不具合が起こればそれは正しくないフォーム 各楽器にはひとまず正しいとされているフォームがあります。 この「ひとまず」はウン100年かけてのひとまずもあれば、ウン10年でのひとまずもあります。 いずれにせよ、現時点で比較的多くの人、あるいは指導…

ベースの方に身体操作を教えたが、フォームに関してはギターと全く同じだった

ベースを教えた 久々にベースの方にフォームをお教えしました。 以前にもベーシストに教えたことはあるのですが、 そのときはグルーヴなどの話が中心だったので、がっつり身体操作を教えたのははじめてかもしれません。 ギターとベースはシステムとしては同…

楽器の演奏と痛み 痛みを疑問視する人と許容する人

痛みの相談は二種類ある ギターを長年教えている中で、痛みについての相談を何度も受けてきました。 そういった相談者はたいてい二種類に別れます。 痛みをきちんと疑問視できている人と、痛みを「そういうもんだ」と納得してしまう人。 痛みを疑問視できて…

ギターのフォームの矯正で難しいのは、どんな動きを習得するかではなく、動かしてはいけない部位を動かさないこと

やったらダメなことをはっきりさせる 最近、以前にもましてフォームを習いに来る人が増えてきました。 僕が4年かけて開発した新しいピッキングフォームに興味を持ってもらえるのは嬉しいかぎりです。 教えていて改めて感じるのは、何を習得するかよりも、や…

ミュージシャンが自分の演奏フォームに理論を持つことの意義

ほとんどの楽器にはフォーム理論がない エレキギターという楽器は、誕生から2019年現在までフォームや奏法についての理論が存在しませんでした。 現在セオリーとされているいくつかのフォームも、時間をかけて自然と集約されたものであり、なぜそうなる…

僕の研究した楽器のための身体操作がギター以外にも広がっています

楽器のための身体操作 僕が長年研究してきた楽器のための身体操作、特にここ4年で発見した腕や指の使い方が、最近ギター以外の楽器奏者にも広がっています。 今のところベースのフィンガーピッキング、ドラムのスティックコントロール、ヴァイオリンのボウ…

正しく練習すればピッキングのスピードはいきなり上がる

フォームを正せばいきなりピッキングのスピードは上がる 速弾きをやっている人で、ピッキングのスピードは段階的にしか上がっていかないと思っている人は多いと思います。 しかし実はそうでもありません。 フォームや練習方法、タイムのとらえ方などを正して…

ギターの運指で、押弦した後に指を上げるのは間違い

弦を押さえた後 ギターを弾くとき、弦を押さえた後、みなさんはどうしていますか? おそらく多くの人は弦を押さえた指を上げていると思います。 しかしこれが間違いなのです。 なぜかというと、指を上げると弦から指が離れすぎてしまったり、逆に力んだりす…

ピッキングで知らない間に小指が力む癖がついていた

ピッキング研究終了 ピッキング研究が3年ちょっとで一端終わり、新しいピッキングは完成したんですが、その後どうしても微調整がうまくいかず、リハビリをしていました。 新しいピッキングは親指の使い方がポイントなのですが、それがあとちょっとのところ…

いくら楽器も身体操作だといっても、ミュージシャン経験がない人には結局実情はわからない

腱鞘炎になる人はプロ失格?? ある身体操作の専門家が、ミュージシャンを集めた講習で「腱鞘炎になる人はプロ失格」と言っていました。 その先生はミュージシャンでもなく、おそらく楽器もできない人です。 その人には元々興味はあったんですが、この言葉を…

ギターのフィンガリング(運指)が詰まるのは流れに問題があるから

問題はその前にある ギターの運指がうまくいかない、あるポイントでどうしても詰まってしまうという場合、ほとんどの人はその箇所をどうにかしようとします。 それで解決するケースもありますが、多くの場合はどうにもなりません。 なぜかというと、問題はそ…

イングヴェイ研究終わり

イングヴェイ研究終わり 3年半ほど前からイングヴェイの研究をしてきましたが、今日終了しました。 といっても全部わかったとかイングヴェイなんでも弾けるということではなく、イングヴェイのピッキングから抽出できる普遍的なロックピッキングのフォーム…

ピッキングのラインを二次元ではなく三次元で捉えると問題が見えやすくなる

ピッキングを線で捉えていると行き詰まる ピッキングの研究をずっと続けていますが、ここ数ヶ月問題が発生し、それをクリアする過程で改めてわかってきたことがあります。 ピッキングで行き詰まる原因の多くは、ピッキングのラインを二次元で捉えているから…

チョーキングと表現 チョーキングは弦を上げて音程を変えるだけではない

チョーキングは表現 チョーキングについて研究しているギタリストは多いと思います。 しかしその研究は、どちらかというとピッチを正確にするにはどうすればいいかとか、腕に負担をかけないためにはどうすればいいかといったことに終始しているように思えま…

ギターの基本テクニック、ハンマリング・オン、プリング・オフについて

ギターの基本テクニック ギターを教えていると、基本テクニックであるハンマリング・オン、プリング・オフが適切に扱えない人が多いことに気づきます。 これらがどういったテクニックか知らない(できない)人はほとんどいないでしょう。 しかし、そこそこ弾…