八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

アーティスト、芸術

政治を語るアーティストより政治を語らないアーティストの方がよっぽど政治巧者である

アーティストと政治 近年、アーティストや芸能人(以下総じてアーティスト)がSNSで政治を語る場面が増え、その都度議論となっています。 「アーティストが政治を語るな」 「いや、アーティストだって政治を語って当然」 個人的には後者の意見に賛成ですが、…

ロックはこれから20年かけて、じわじわと、確実に死んでいく

ギターヒーローの死 先日、エディ・ヴァン・ヘイレンが65歳で亡くなりました。 僕にとってこれは、単なるギターヒーローの死ではなく、終わりの始まりに思えてなりません。 というのは、今後10年から20年で間違いなくギターヒーローたちが亡くなってい…

今まで観た舞台の中で一番良かったのは故 室伏鴻の舞踏

室伏鴻 もう10年以上前になりますが、いろんなジャンルのダンスを見せる舞台イベントがあり、知り合いの誘いで観ました。 そこに舞踏の室伏鴻さんも出演されていました。 舞踏とは、土方巽氏が創始したコンテンポラリーダンスの一種で、おどろおどろしさを…

アーティストを目指している子に対し、寛大な心で待ってあげることも大切

一見無駄な時間も… アーティストを目指している人は、たいてい一人前になる過程で一見無駄に見える時間を過ごしています。 空いている時間でバイトでもすればいいのに働かないとか、本ばっかり読んでる、本業と全然違うことをやってる…などなど。 しかし、得…

アーティストの反抗も結局は健全な社会の恩恵に過ぎない

東京事変ライブ決行批判に対する意見 先日椎名林檎率いる東京事変が、コロナウイルス感染拡大における政府のイベント自粛要請下において、ライブを決行しました。 そのことについて僕はこちらで批判しました。

音楽活動における楽しみは、自分の中に作るのではなく他人の反応から見つけるべき

対外的な音楽活動をする際の「楽しみ」とは 音楽活動と「楽しみ」について。 完全に趣味で自分が楽しむだけなら何をしてもいいです。 ただ、動画を出したい、ライブがしたい、楽曲提供したいなど、他者や社会に対して音楽活動をする場合、「楽しみ」をどう捉…

曲、歌、演奏、ルックス、全て正解だと、完成したものが不正解になることが多い

なぜか売れない人 曲も良いし歌も楽器も上手い、おまけにルックスもスタイルもいいのに全然売れない、あるいは売れはしたけど早々と頭打ちになって伸び悩んでいるという人がいます。 なんでだろうと昔から思っていたのですが、最近なんとなく分かったことが…

お墨付きをもらわないと価値を判断できない人は芸事で生き残れない

25~6年ギターを弾いてきましたが、その中で折に触れ「ん?」と思う人がよくいました。 それは、誰かのお墨付きをもらわないと価値を判断できない人です。 自分より上の人にしょっちゅう「誰それって上手いんですか?」とか「このアルバムってどうなんで…

本物に触れるとは、がっかりすること。感性が磨かれてどうたらこうたらはその後

よく「本物に触れて感性を磨き云々」と言われます。 僕もずっと音楽をやってきたり、文学を読んで来たので、それを盲目的に信じ、本物と言われるものにできるだけ触れようとしてきました。 で、その都度だいたいがっかりしてきました。 例えば本物のモナリザ…

アーティストは20代で色々やって30代でそれらをゆっくり整理していくと色々楽になっていくと思う

僕の体験から言えることですが、アーティスト志望の人は20代で色々やっておき、30代に入ったらそれらをゆっくり整理していって、最終的に身の丈にあった活動におさめておくと色々楽になるのではないかと思います。 僕自身が完全にそのパターンを踏襲して…

来ない人のことを考えるより、来てくれた人のことを考えるべき

アーティストに限った話ではないのですが、ライブやイベントをやったり、教室を構えたりしたとき、ついつい来てくれた人よりも来ない人のことを考えてしまいます。 例えばキャパ100のライブで一生懸命頑張って70人入れたとき、つい入らなかった30人の…

アーティストになりたい人は価値観を権威にゆだねるのはやめた方がいい

パフォーマンスであれ創作であれ、それらには己の価値観が如実に反映されます。 だからアーティストは技術や知識に加え、己の価値観を鍛えなければなりません。 いい/悪いにはじまり、ではそれらの何がいいのか、悪いのか、その価値観を自分のパフォーマン…

個性は伸ばすものではなく消すもの 個性を消していった先に本当の個性が表れる

よく個性は伸ばすもの、出すものだと言われます。 一方で、芸術の世界では個性を消せ、個性を捨てろみたいなことも言われます。 個人的には、何かをする際、まず個性を徹底的に消すところから入るのがいいと思います。 そんなことをすると個性のないアーティ…

一生懸命やればいいものになると思っている人は、芸術を甘く見ているか単に経験が足りない

日本人は一生懸命に対する神話を持っています。 何事も一生懸命やりさえすれば結果がついてくる、成功する、というあれです。 そうならない場合はまだ一生懸命さが足りない、命をかけていない、とまで考える人もいます。 はっきりいってこれは嘘です。 一般…

芸術は人間の本質をたちどころに暴き出すから面白い、そして怖い

芸術が面白くそして怖いのは、作者はもちろん、鑑賞者の本質までたちどころに暴くところです。 例えばある本を読んだとしましょう。 その内容をクソミソにけなす人は承認欲求が高く、満たされていません。 当たり障りのない意見でやんわり褒める人は気遣いに…

歴史的作品の価値が分からなければ、自分が未熟だと思っておいた方がいい

すでに歴史的価値を付与された作品があり、試しに触れてみたところ全然良いと思えなくて困惑したという経験は誰しもあると思います。その時に二通りの反応があります。一つは自分がその作品を鑑賞するレベルに到達していないからわからなかっただけという考…

アーティストやクリエイターになりたい人は自分の認識をいつでも疑えるように訓練しておこう

自分の認識を疑う このブログでも何度か言っていますが、アーティストやクリエイターになりたい人は、自分の認識をいつでも疑えるように訓練しておく必要があります。 自分がかっこいいと思うもの、かわいいと思うもの、面白いと思うもの、価値があると思う…

評価されるために何かをするのをやめたら評価されるようになる

評価されるために何かをするのをやめよう 評価をされるために何かをしても大体それは評価されません。 評価されないと言うのは、酷評や罵倒すらなく、ただただ無視されるということです。 仮に何らかの評価があれば、絶賛でも酷評でもそれを参考にして次に進…

芸術は弱いという認識を持つことでその扱い方が見えてくる

いきなりですが、芸術って強いと思いますか? それとも弱いと思いますか? アーティスト(志望)の方は「強い」と答えるかもしれません。 あるいはそうあるべき、そうありたいという願望があるのかもしれません。 しかし、僕は芸術は弱いと思います。 それも…

何をやっているかではなく、何が伝わってくるかを観ると芸術は様相を一変させる

何をやっているのか 音楽がちょっと分かってくると、つい「何をやっているのか」を聞いてしまいます。 各楽器がどういうフレーズを弾いているのか、フォームや弾き方はどうか、ミックスで楽器をどう配置しているのか、エフェクトはどうかかっているのか、音…

アーティストは「与える」存在なのか? 「与える」という一見偉そうな言葉について考えてみた

どんなレベルであろうと、アーティストは「与える」存在です。 娯楽や、暇つぶし、美、陶酔、夢、問題提起などなど。 何らかの価値を受け手に与え、そこから報酬や承認が生まれます。 しかし、冷静に考えれば「与える」ってちょっと偉そうですよね。 綿矢り…

音楽を演奏するために文学的なセンスは必須かもしれない

ギターを教えていると、どうも演奏に答えがあると思っている人が多いのではないかと感じます。 その多くは、「正確に演奏できればOK」というもの。 また、自分は答えを持っていないけど、一人前になった人たちは答えを知っているのだろうと思い込んでいる人…

アーティストを目指す人は、内輪ではなく、まず最初に「世間」に作品を発表しよう

さっさと世間に打ちのめされよう 僕は、アーティストを目指す人はさっさと世間に打ちのめされておくべきだと考えます。 それが早ければ早いほどいいです。 なぜなら、そこからが全ての始まりだからです。 創作やパフォーマンスは、他人を楽しませるものです…

自分が気持ちいいことが他人も気持ちいいとは限らない、という当たり前のことを再確認しよう

アーティストは「気持ち良さ」を追求するべきか? ある種のアーティストやインストラクターは、気持ちいいことを追求するべきだと、まるでそれが真理であるかのように言います。 僕はこれに反対です。 というのは、自分が気持ちいいことが他人も気持ちいいと…

自己主張がバレると表現は失敗する 

弾いてみたなどの動画で多いのが、自己主張が楽曲より前に出ていて、楽曲が楽しめなくなっているもの。 これにはいろんなタイプがあります。 「ほら、俺上手いだろ」 「どう、あたしセクシーでしょ?」 「この曲をこんなアレンジしちゃいました、僕すごいで…

日本人が文化・芸術に持つ奇妙なダブルスタンダード

以前から気になっていて、前にも書いたことがありそうですが、改めて。 日本人は、異国の文化や芸術が大好きです。 一方で、自国の文化・芸術が海外で認められることも大好きです。 しかし、このふたつに対して異なるスタンダードを持っているようです。 ま…

ルールを破れば必ず反応は来る アーティストはルール違反するために存在する

創作やパフォーマンス、あるいは言論活動などは、ざっくりふたつに分けられると思います。 それは、ルールを遵守する人と、違反する人。 前者の方が圧倒的に多いですが、何かを残せる人、話題になる人(作品)は間違いなく後者です。 歴史に残る作品は、必ず…

嫌いなミュージシャンにディスられたら喜んでおけばいい

楽器をやっていれば、誰しも嫌いなミュージシャンの一人や二人はいると思います。 音がダサい、曲がつまらない、演奏が気にくわない、あるいは人間的に好きじゃない……。 まあそれはそれで心に秘めておけば問題ありません。 では、仮にそういった嫌いなミュー…