八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ギターでフレーズや曲が弾けないときは、まず原因がピッキングかフィンガリングかを探ろう

ある曲やその中のフレーズがどうしても弾けないというとき、まず原因がピッキングにあるのかフィンガリングにあるのかを探りましょう。

おそらくほとんどの人は、原因が分からないまま一生懸命練習を続け、練習したらきっと弾けるようになると思っているはずです。

しかし、講師の立場から言うとそれではできる人しかできるようになりません。

大事なのは、なぜ弾けないのかを知ることです。

そのために、まず最初に原因が右手か左手かをつきとめます。

【広告】(記事続く)

 

やり方は簡単です。

目標のテンポを出し、右手と左手どちらか一方だけで弾いてみましょう。

例えばフィンガリングなら弦を押さえていくだけ。

ピッキングはしません。

今度はピッキング。

このときは左手で弦を全てミュートしておき、ピッキングだけします。

右手左手片方ずつで弾いて、明らかにテンポに追いついていないとか、余計な音を出してしまっているなどの問題がある方が弾けない原因です。

それがわかればそこからさらに原因を詰めていきます。

ここから先は判断が難しいのと企業秘密なので内緒ですw

 

とりあえず問題の右手か左手かがわかっただけでも先に進めると思います。

何かが弾けないときはがむしゃらに練習せずに、一度原因を探るようにしてみましょう。

【広告】

 

八幡謙介の書籍・DVD

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

yahatakensuke.com