八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

沢田研二氏が埼玉スーパーアリーナのコンサートを当日キャンセルした件について考えてみた

沢田研二氏が2018年10月17日17時から行われる予定だった埼玉スーパーアリーナでのコンサートを、当日16時に突然キャンセルしました。

後日応じた取材で、当初9千人入る予定だったのに7千人しか入らず、そのことが理由でキャンセルを決意したとか。

下記Yahoo !ニュースでは、

 

 沢田は「客席がスカスカの状態でやるのは酷なこと。『ライブをやるならいっぱいにしてくれ、無理なら断ってくれ』といつも言ってる。僕にも意地がある」

 

 とあります。

headlines.yahoo.co.jp

これについて、「プロ失格」との批判が高まっているようです。

さて、このことについてミュージシャン側から考えてみました。 

 

まず言えることは、沢田氏は社会人としては失格でしょう。

これは疑問の余地はありません。

ではプロのミュージシャン失格なのか?

 

ミュージシャンは、最高のパフォーマンスをするために一人一人ルーティンや条件を持っています。

本番前メンバーと過ごさないとダメという人、一人にならないとダメな人、本番の何時間前に特定の食べ物を食べないといけない人、飲まないといけない人、寝ないといけない人、直前まで楽器や発声の練習をしないといけない人……。

沢田氏の場合は、(ルーティンではないですが)客席が埋まってないといけない人のようです。

これはミュージシャンなら誰しもうなずけることでしょう。

比べることはおこがましいのですが、僕もライブをやっていたときは、思ったより客入りが悪いとやる気がなくなるタイプでした。

ドタキャンしたことは一度もありませんが……。

 

さて、沢田氏はリハーサルのときに客席が潰されているのを見て「これじゃもうできない」と判断したようです。

スタッフには『ライブをやるならいっぱいにしてくれ、無理なら断ってくれ、といつも』言っていたそうな。

つまり、沢田氏にとっての最高のライブを行うための条件が「いっぱいの客席」だったのでしょう。

余談ですが、最後の『僕にも意地がある』は文脈がよくわからず、編集されている可能性があるのでスルーします(ここにひっかかって憤慨している人は編集にまんまと乗せられていると思う)。

埼玉スーパーアリーナでは「いっぱいの客席」になりませんでした。

そして、沢田氏はキャンセルを決断しました。

 

ここで究極の選択です。

 

A:やる気ない状態で7千人の前で歌う。

B:中途半端なものを見せるぐらいならやめて、チケット代は返金する。

 

アーティストとしても社会人としても正解は<C:7千人に最高のパフォーマンスを見せる>なんですが、沢田氏はそれができない人だったようです。

これはもう仕方ありません。

アーティストというのはそういうもんです。

カレーが辛いからリハを帰った人、ステージセットが気に入らないからドタキャンした人、客のノリが悪いから途中でステージ降りる人……。

全部社会人失格ですが、得てしてそういう人の方が格好いいパフォーマンスを行うもんです。

 

沢田研二氏も子供じゃないんだから、客入りが悪いというだけでドタキャンなんてすればこのご時世一斉に叩かれることぐらいわかっていたでしょう。

それでも最高のパフォーマンスが出来ないならやらないという方を選んだのは、僕はかっこいいなと思います。

何度も言いますが、社会人としてはダメですがw

でも、7千人にお金もらってがっかりさせるなら、お金を返してがっかりさせる方を選ぶというのは、一応筋は通っているように思えますが……。

等価交換の法則

等価交換の法則

 
ジャズに人が集まらない理由

ジャズに人が集まらない理由

 

 

yahatakensuke.com

【広告】

 

合わせて読みたい


【広告】