八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

音大・音楽専門学校を卒業することとプロになることはほとんど何の因果もない

先日質問箱でも簡単にお答しましたが、音大や音楽専門学校を卒業することとプロのミュージシャンになることは、ほとんど何の因果もありません。

仮に音大卒、音楽専門学校卒のプロミュージシャンがいたとしても、音大(専門学校)を出たからプロになったのではないということです。

もちろん、学校で習ったことは足しにはなっているのだろうし、そこで出会った仲間と一緒に仕事をすることもあるでしょう。

しかし、音大(専門)卒=プロという図式は成立しないと断言できます。

 

一方、僕が知っている限りでは、学校を出てさらにもうひと修行してプロとして食えるようになった人はかなりいます。

僕もそうだし、僕が学校で出会って今プロミュージシャンになっている人たちは、皆卒業してからもうひと修行したようです。

だからその人たちは音大時代と同じ演奏ではないし、メンタリティもかなり変わっています。

僕も音大時代の演奏なんて絶対しないし、考え方、音楽との接し方も別人のように変わっています。

 

ざっくり言うと、音大・専門学校卒レベル(それが世界的有名校であれ)ではプロとしてやっていけないということです。

そこに気づき、行動を起こせればどうにかなるかもしれません。

まあ、ならないかもしれませんが。

 

音大や専門学校に行ってからもうひと修行するのなら、学校をスルーして最初からそれを体験した方が合理的だと僕は考えます。

音楽の勉強なら学校に行かなくても個人教室で教われるし、その方が安上がりです。

もちろん勉強なんかしなくてもプロになった人はいくらでもいます。

 

音大・専門学校に行くか行かないかは自由だし、行ったら行ったで学べることも多いはずです。

しかし、「音大(専門)さえ出れば」という考えがあるのなら、それは安直すぎると言わざるを得ません。

これから音大や専門学校に行く人は、そこを卒業してからさらにもうひと修行することを視野に入れておきましょう。

どのみち卒業間近になってきたら身にしみて分かりますが。

プロミュージシャンになりたい君へ

プロミュージシャンになりたい君へ

 
ミュージシャンになりたければ音大・専門学校は行くな!

ミュージシャンになりたければ音大・専門学校は行くな!

 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

【広告】