八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

ギター教室でこれさえやっとけば食えるようになるというポイントを教えます

ギター教室をやりたい人、やってる人で、これさえやっとけば食えるようになるよというポイントをお教えします。

それは、方法論を確立することです。 

簡単に言えば、どうやったら○○ができるようになるのかを筋道立てて説明し、実演することです。

例えば、脱力して演奏するにはどうしたらいいか、スイングするにはどうしたらいいか、速弾きはどうやったらできるのか、などなど。

もちろんこの場合の「できるようになる」は生徒さんが、ですが(「これやったら俺はできるようになった」ではダメです)。

 

当たり前のことですよね。

でもその当たり前がギター教室ではまだまだ実践されていないんです。

脱力しなさいと言うだけで具体的にどこをどうやって脱力するのか教えてくれない先生、速弾きをドヤ顔で実演してくれるけどどうやったらそれが弾けるのか教えてくれない先生、スイングのやり方を一応教えてくれるけど一向に自分がスイングしてこない、などなど。

そんな教室や先生がまだたくさんいるらしいです。

なぜそれが分かるのかというと……

僕の教室に来られた方が皆口をそろえて「八幡先生は具体的なやり方を教えてくれるからありがたい」「こんな風に具体例を教わったことがない」とおっしゃるからです。

そして、全員ではありませんが、多くの方は入会しレッスンを受講してくださいます。

僕からすれば具体的になにをどうしたらいいか教えるというのは当たり前だし、普通はどんな教室でもそれが当たり前でしょう。

しかし、一般的なギター教室はそうではないようです。

ということは、ギターの演奏におけるいろんな要素についてきっちりと方法論を持っておけば現状人は集まる=食っていけるということです。

もちろん、その方法論が有効であるというのが大前提ですが。

 

とはいえ、ギターや音楽における様々な要素にきちんと自分の考えを持ち、方法論を確立するというのはなかなか時間がかかるものです。

また、自分がそれを持っていると世間に知ってもらうことも必要です。

その辺は別要素となりますが、まずはギターを弾くことのあらゆる要素に対してきちんと自分の考えを持ち、それが有効かを逐一検証していくことです。

それをしっかりとやっていけば徐々に信頼されるようになり、やがて食っていけると思います。

宣伝や本人の知名度なんてのはその後の話です。

エレクトリック・ギターの嘘

エレクトリック・ギターの嘘

 
プロミュージシャンになりたい君へ

プロミュージシャンになりたい君へ

 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com


【広告】