八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

アドリブでコードトーンが使えないのは、それ専用のアルペジオを作ろうとするから

アドリブでコードトーンを入れたい、でもいまいちどうやったらいいのかわからないという人はかなりいます。

今回はなぜそれができないかという話。

 

結論から言うと、コードトーンを使ったアドリブを想定し、それ用のアルペジオなどを練習しているからです。

まあそういったものがそのまま使える場合もありますが、大抵はダサいです。

ではどうしたらいいか?

 

1コードを押さえる

まず普通にコードを押さえましょう。

ただしオープンコードはソロに使い辛いのでそれ以外で。

 

2低音弦を省略し、4~1弦を見る 

5、6弦をソロで使うことはあんまりないのでそこは省略し、4~1弦で押さえなおしましょう。

これでコードトーンを使ったソロを弾くための基本の形ができました。

 

3各コードトーンの上下ではまる音を探す

例えば6弦8FがルートのCだと、

4弦10F

3弦9F

2弦8F

1弦8F

という形になります。

このそれぞれの音の上下(同じ弦で)にどんな音がはまるかを探します。

例えば1弦なら7Fと10Fがはまります。

そうやって、

 

実際に使っているコード

ソロ用のヴォイシング(5、6弦カット)

各弦のコードトーンを中心に、使える音を拡大。

 

こうやって使える音を増やしていきます。

そうすることでバッキングで使っているコードをそのままソロに転用することができます。

ソロはソロ、バッキングはバッキングとしてコード(トーン)を分けると覚えるのも二度手間だし、ソロ用のコードトーン(アルペジオ)というものは、得てしてエクササイズ的になりがちでかっこよくならないものです。

 

ちなみに、コードトーンの使いか方は教則本としても出しているので良かったらご一読ください。

コードトーンで脱ペンタ! 一段階上のソロを目指すために

コードトーンで脱ペンタ! 一段階上のソロを目指すために

 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com


【広告】