八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

ラリー・カールトンはあんまり好きじゃなかったけどアルバム「Larry Carlton(夜の彷徨)」を聴いたらなるほどなと思った

前にも言いましたが、僕はラリー・カールトンはあんまり好きじゃありません。

今まで聴いてきたのも以前ご紹介したラリー&リーぐらいです。

ラリー&リー

ラリー&リー

  • アーティスト: リー・リトナー&ラリー・カールトン,リー・リトナー,ラリー・カールトン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2002/06/21
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

ですがレッスンで「ROOM335」をやることになってちゃんと音源を聴いてみることにしました。

夜の彷徨(さまよい)<FUSION 1000>

夜の彷徨(さまよい)

  • アーティスト: ラリー・カールトン
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2014/06/25
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

うーん……この80年代なジャケット……。

いかにもフュージョンな楽曲……。

やっぱ苦手だなあと思いつつも繰り返し聴いていると、ギターサウンドがだんだんよく聞こえてきました。

太いけどクリーミーでロックほどジャリジャリしていず、かといってブルースギタリストほど泥臭くなく、明るく都会的。

なるほど、当時のギターキッズがこぞってこのサウンドを目指したのもなんとなくわかります。

 

でもこれ、絶対ヴィンテージじゃないと出ない音でしょうねww

 

個人的に誰かを目指すということはもうないのですが(イングヴェイ研究はあくまで普遍的なピッキングの研究)、確かにこのカールトンの音は目指したくなるのは納得。

そこが分かっただけでも収穫でした。

ROOM335はやりたい人も多いだろうからこれを機会にレパートリーにしておきます。

サビのチェンジがバップフレーズでいけるかとおもいきや、やってみると合わなかったので、フュージョンっぽいライン作りに結構苦労してます。

あと、太陽が燦々と降り注いでいるような明るいソロを弾くってのがまだできない……。

ジャズはそもそも夜の音楽なので。

 

とはいえ、こうした全然畑違いの音楽をやってみるのも楽しいです。

yahatakensuke.com

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com


【広告】