八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ヒップホップ嫌いにオススメしたいヒップホップアルバム3選

ミュージシャンで、どうしてもヒップホップが苦手、あるいは嫌いという人は意外に多いと思います。

特にギタリストでまだまだヒップホップを目の敵のように思っている人も少なくないでしょう。

とはいえ、全く聴かないというのももったいないし、バンドマンでもわりとすんなり聴けるようなものもあります。

以下、そういった内容のものをご紹介します。

 

グレイテスト・ヒッツ

グレイテスト・ヒッツ

 

いわゆる「ギャングスター・ラップ」の元祖。

メンバーのドクター・ドレは後にアメリカを代表する名プロデューサーとなります。

80年代のグループなのでいわゆるオールドスクールにあたりますが、グルーヴが比較的堅くてかっちりしており、ヒップホップが苦手な人でも入りやすいかと思います。

あと、ギターが結構フィーチャーされているところもギタリストには嬉しい。

耳で簡単にコピーできるのでグルーヴする練習にも使えます。

 

Still I Rise

Still I Rise

 

【広告】(記事続く)

 

2PACの死後にリリースされたもの。

トラックにどこかバンド感があって、ヒップホップ嫌いの人でもすんなり聴けると思う。

ベースラインが格好いい曲が多いので、ベーシストやベースを研究したいギタリストにもオススメの一枚。

2PACファンからはあんまり評価が高くないようだが僕は好きです。

It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back

It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back

 

ギャングスターがどうしても苦手な人はこちらをおすすめ。

ロック界からも絶大な支持のあるグループで、グルーヴもわりとガツガツしており、どこかロックテイストがないこともない気がする。

ヒップホップ+政治的主張みたいなのを最初にやった人たち。

 

以上、僕が知っているかぎりでサウンド的に入りやすいものをご紹介しました。

あと、楽曲単位でいうとやはりこれが一番でしょうか。

AEROSMITHとRUN-DMCの共作。


RUN-DMC - Walk This Way (Video)

【広告】

 

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com