八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

質問への回答3 (ジャズベースについて)

peing.net

<質問>

好きなジャズベーシストを何人か出来ればそれぞれ理由も簡単にお願いします
ジャズベースは基本ずっと同じリズムで刻むのジャズ門外漢の私にはベースだけ奏者毎の違いがわかりにくいです

他のパートは少なくとも奏者の特徴くらいは捉えられるのですが

 

<回答>

ポール・チェンバース

ポール・チェンバース - Wikipedia

ジャズ黄金期を支えたベースの巨匠で、派手さは見受けられませんがどっしりとしたグルーヴ感が魅力的です。

この人がベースを弾いているだけで安心感が全然違います。

 

ポール・チェンバース参加のオススメアルバム。

Soul Station

Soul Station

 
Blue Train

Blue Train

 

 

レイ・ブラウン

レイ・ブラウン - Wikipedia

ポール・チェンバースとは異なり、ガツガツ前に出るグルーヴ感が魅力。

それでいて都会的で洗練されている。

この人のベースを聴くと「ジャズってこんなに疾走感のある音楽なんだ」といつも驚きます。

ベースソロもメロディックで聴き応えがあります。

 

レイ・ブラウン参加のオススメアルバム。

Sits in With the Oscar Peterson Trio

Sits in With the Oscar Peterson Trio

 

 

 チャールズ・ミンガス

チャールズ・ミンガス - Wikipedia

こちらもガツガツ系ですがレイ・ブラウンよりはファンキーでワイルドな感じ。

ちょっと田舎臭い土着的な匂いも逆に新鮮。

作曲家としても有名です。

 

チャールズ・ミンガス参加のオススメアルバム。

Mingus Ah Um

Mingus Ah Um

 

 

ロン・カーター

ロン・カーター - Wikipedia

ムラが多いものの調子いいときはものすごい演奏をする人。

知性的。

ガツガツ系というより空気を読むタイプなので、日本人に崇拝者が多い印象。

ソロイストのアウトにどこまでもついて行くラインが凄い。

 

ロン・カーター参加のオススメアルバム。

Real Mccoy

Real Mccoy

 

 

ジャズベースはジャズの楽器の中でも最難関だと思いますが、分かってくると非常に面白く奥が深いのでぜひ聞き込んでみてください。

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】