八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

ネックのメンテナンスをきっちりしたらネックの反りがちょっと戻った

2018年からはギターをちゃんとメンテナンスしながら使っていこうと思い立って、クリーナーやら保湿オイルなどを揃えました。

まず一番汚れていたメイプルのストラトに使ってみると汚れは簡単に落ち、レモンオイルを塗ると艶が戻ってきました。

その他ローズウッドのギターが二本あるのですが、これらは弦が新しかったのでお預けしていました。

そして先日ローズウッド二本の指板をクリーナーで磨き、レモンオイルを塗ったところ、やはりこちらも数時間後にはもうネックの反りやねじれが戻っていました。

レモンオイルで適度に湿気を含み、木が伸びたのでしょうか?

 

こんなことならもっとはやくやっておけばよかったです。

 

そもそも僕はギター関係の機材でトラブルに見舞われたことがあまりなかったので、年々無頓着になって20数年弾いていたようです。

今の部屋は湿度が急激に変化しやすく、ネックもちょっと気を抜くとすぐ反ってしまうので、ようやくギターのメンテに目が向くようになりました。

ネット上では「俺はネックなんて反ったことはない。気にしすぎるな」と豪語する人もいますが、部屋や演奏環境が偶然ネックに影響し辛いというだけでしょう。

それか、反ってるのがわかっていないだけか…

 

私見ですがネックの反りに湿度そのものはあんまり関係なく、急激な変化が一番危ないようです。

45%~65%あたりのどこかで安定していればそんなにネックは反りません。

でも、ものの1分かそこらで55%から45%に下がると確実に反ります。

ネックがよく動く人は湿度計を買ってみてチェックしながら生活してみると改善策が見つかると思います。

あと僕は窓やドアの近くにギターを置くのをやめたらネックが安定してきました。

TRICK フレットボードクリーナー TP11

TRICK フレットボードクリーナー TP11

 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com


【広告】