【広告】

「持っておくべきエフェクターは?」という定番の質問への回答

ギターレッスンあるあるとして、「持っておくべきエフェクターは?」という質問があります。

僕も時々この質問を受けますが、いつも答えが長くなってしまいます。

 

まず、ギタリストなら誰もが持っておくべきエフェクターというものはありません。

ただ、ギタリストなら一度は使っておくべきエフェクターというものはあるかもしれません。

例えばBOSSの歪みはギタリストなら知っておくべきでしょう。

ただしここで一つ問題があります。

エフェクターは絶対的なサウンドを持っているのではなく、組み合わせで変化するということです。

例えば、ある歪みをJCで使ったときと、フェンダーで使ったときでは音が全然違います。

また、ピッキングの違いでいい音がしたりしなかったり。

家で小さい音量で使っているとスカスカした音だったのに、スタジオで大音量で弾くと気持ちいい音になることも多々あります。

逆に小さい音の方がボロが出にくいのでいい音に聞こえることもあります。

もちろん、ギター本体やシールドなどでもまた雰囲気は変わってきます。

 

そう考えると「持っておくべきエフェクター」というものがだんだん分からなくなってきます。

というか、それで正解なのです。

 

ではどうしたらいいかというと、一つのエフェクターがあったとしたら、それをできるだけいろんな環境で使ってみることです。

特に同じエフェクターを異なるアンプで試してみるのと、できるだけ大きな音で弾くというのは非常に大事です。

ではネットでしか音楽活動をしない人はそれをしなくてもいいのでしょうか?

答えはNOです。

実機を大音量で鳴らした音を知っている(体感している)のとそうでないのでは音作りが確実に違ってきます。

もちろんアンプもエフェクターも実機を弾くには限界がありますが、最低でもフェンダー、マーシャル、JCあたりは一度は大音量で鳴らしておくべきでしょう。

 

昔はスタジオに入るのが当たり前だったのですが、今はそうではなくなってきているので、余計に音に関して迷う人が増えているのでしょう。

 

ということで、「持っておくべきエフェクターは?」と聴かれたら、「いろんな機材を使ってみること」という妙な回答になってしまうのです……

しかし、すくなくとも僕はこれ以外にアドヴァイスはありません。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】