八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

ギターの演奏でタイムがずれるのは体感と運動が一致していないから

こちらの記事はあくまでジャストで弾きたい人や、ジャストで弾かないといけない場合についてのアドヴァイスです。

僕個人もジャストは推奨していませんし、タイムがずれることは何の問題もないと考えます。

ただ、どうしてもジャストを目指さないといけない、ジャストでないと合わないというケースもあるので、そういう場合の対処法です。

 

人はおおむねジャストでノることができます。

音楽をかけて「これに合わせて手拍子をしてください」と言えばだいたいの人はできますし、できない人でも少し練習すれば合ってきます。

しかし、ギターを弾くと途端に合わなくなります。

なぜかというと、運動に問題があるからです。

そこから連鎖的にタイムが合わなくなってくるのです。

 

運動の問題とは何でしょうか?

今回はピッキングに限定してお話しします。

結論から言うと、手首のゆるみによる運動伝達の遅延が原因でタイムがずれていくのです。

ピッキングという運動は概ね肘か手首で行われます。

そしてそれが親指の先まで伝わり、ピッキングとなります。

仮に肘で運動をつくるとしましょう(推奨はしませんがわかりやすくするために)。

手首から先の力を抜いて肘を上下させてください。

そうするといわゆるピッキング的な動作になると思いますが、このとき手首の力を抜けば抜くほど肘で作った運動と手首から先の運動にタイムラグが生じてきます。

肘を下に振ると手が遅れてついてくるのがわかると思います。

 

このとき、自分の体感は肘の動きと連動してノっています。

ですから肘の動きがジャストです。

そして手首から先は遅れてついてくるので、ジャストより少し後になります。

このままギターを弾くと、体はジャストでノっている、運動もジャストで作っている、でも発音は遅れるという現象が起こります。

当然それを解消したい。

そこでどうするかというと、ジャストで発音させるために体感を早めます。

手首のゆるみで遅れたタイムを、自分が早めにノることで解消しようとするのです。

もちろんそれでかっこよく弾けていればOKなのですが、中にはそのタイムラグが(体感的に)計れなくて余計にタイムがずれるという方もいるでしょう。

 

やはり体感はジャストでノっておくことが望ましいです。

特に初心者はそうしておかないとタイムの癖がついてしまいます(もちろんそれが音楽的にかっこよければOKなのですが)。

体はジャストでノり、そのままジャストで発音できるフォームをつくることが、より安定したタイム感をつくる方法だと僕は思います。

では具体的にどうするかというと、手首を使わないようにします。

そして、ピッキングの運動は前腕でつくります。

この前腕の回転がそのまま親指の先まで遅延なく伝わったとき、ピッキングは体感と同じになります。

ここから先はまだまだ企業秘密なのでレッスンでしかお伝えしていません。

しかし、生徒さんからは好評で、実際に教えた人はタイム感が一気によくなったので汎用性はあると確信しています。

 

これを読んでいる方は、まず自分の体感と発音が合っているかを調べてみましょう。

ジャストで手拍子できていればジャストの体感を持っています。

それなのにタイムがずれる人はフォームのどこかに問題があります。

また、手拍子はジャストでできるのにギターを持つと体感で前に前に走っているという人は、タイムが遅れる弾き方をしています(おそらく手首がぶらぶら)。

 

とはいえ、何度でも言いますがタイムはずれて当たり前ですし、ずらして当たり前です。

僕も意識的にずらしますし、そのずれをより大きくできるように練習しています。

ジャストはあくまで基準なのでそこを忘れないようにしてください。

yahatakensuke.com

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】