【広告】

アーティストはプロもアマチュアも勝負する土俵を慎重に選んだ方がいい

音楽やイラスト、小説など、現代ではそれらを発表する土俵が無数に存在します。

例えば音楽ならリアルな活動はもちろん、個人の動画配信が今では当たり前になり、さらにその配信サイトも無数に存在します。

普通に考えれば最もメジャーなYOUTUBEで動画を出し、存在を認知してもらったり音源リリースやライブ告知につなげるのが常識でしょう。

つまり、YOUTUBEを土俵にするということです。

しかし、これが本当に誰にでも効果があるかというと、はなはだ疑問です。

 

皆さんはこんな経験はありませんか?

その業界に興味がある人なら誰でも知っている有名人Aの動画がたった数千PVしかなかったり、よく作り込んであるのに意外とおもしろくなかったり…

一方で、全く無名のアマチュアBの動画がすごくよくできていて何度も観てしまった…といったことが。

結論から言うと、YOUTUBEはBの土俵であり、Aはそこで負けてしまったということです。

といってもAは業界では名の知られた人なので、Bはそちらでは勝負にすらなりません。

ただ、一般人にはAの土俵はベールに包まれて見えず、Bの土俵は誰でも見ることができます(しかも数値化され簡単に比較可能!)。

そして、単純にAよりもBの方が凄い!と判断してしまうのです。

もちろん、みんながみんなそこまで単純ではないでしょうが。

 

個人的に、AのようなタイプはYOUTUBEなどの手軽なプラットフォームを土俵にするべきではないと思います。

もちろん、本気でYOUTUBERになるつもりで参戦するなら話は別ですが、そうでなければ動画の質は必然的に落ちるだろうし(質を上げると数が減る)、その動画のPVを上げるためのプロモーションに時間を割くこともできないし、そうなるとYOUTUBEのみで活動しているアマチュアに必ず負けてしまいます。

それならせっせと動画を上げるよりも、YOUTUBEのみで活動している人と比較されないリアルな活動に専念した方がいいと僕は思います。

手軽さや時代の波に乗っかってわざわざ自分が弱くなる土俵で戦う必要はありません。

 

イラストなども投稿サイトにせっせと上げるよりコミケならコミケのみに焦点を当てて活動し、宣伝はSNSでとした方がファンがつくのではないかと想像します。

勝負する相手も限定されますしね。

(このへんは無知なので違っていたらごめんなさい)。

 

プロの人はどこかで「プロの自分が素人の集まるサイトに降臨したら余裕で勝てる」と思っているかもしれませんが、それは勘違いです。

業界ではプロでも、土俵が違えばそこで長年戦っている人にはまず勝てません。

もちろん、元スマップなど超有名人とかは別ですが。

或るギター講師の贅言1234

或るギター講師の贅言1234

 

 【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】