【広告】

ジャズの”アウト”に対する違和感 精神のない”アウト”は必要か?

ジャズの技法として”アウト”というものがあります。

当ブログでも時折言及していますが、わざと音を外すというジャズ独特の演奏法です。

僕はこれにずっと疑問を持ってきました。

ジャズを専門的に学んだ人ならわかると思いますが、ジャズの世界では”アウトは評価対象となり、より上手に”アウト”できると高評価が下されます。

もちろん、学生は高評価されたくて”アウト”を勉強し、一生懸命練習します。

プロも評価されるために独自の”アウト”を研究します。

そこにこんな疑問が生まれてきました。

 

それって本当に”アウト”なの? むしろ”イン”じゃないの?

 

そういった考えが、学生時代から僕の中にずっとあった気がします。

そして、あるときから「なぜジャズミュージシャンは”アウト”を学ぶのか?」ということを考えるようになりました。

結論から言うと、彼らは”イン”したいから”アウト”を学ぶのです。

”イン”したいとは、上手になりたい、それっぽく弾きたい、評価されたい、有名音大の入試に受かりたい、高成績で卒業したい、仕事が欲しい……という気持ちです。

つまり、ジャズの”アウト”を学ぶ行為は、なんら”アウト”の精神、当ブログで言う<逸脱>の精神を伴っていないということです。

 

”アウト”とはそもそもやったらダメなことです。

違反、迷惑行為、大げさに言えば犯罪といってもいいほどの行為です(あくまで音楽的な)。

その禁を犯して行うからこそ驚きが生まれ、それがクールだと評価されるものだと僕は認識してきました。

しかし現代のおける”アウト”は上記の通りです。

それはもはや”アウト”でもなんでもなく”イン”であり、ジャズが最も嫌う”スクエア”(堅苦しい、杓子定規な)ではないでしょうか?

 

真の”アウト”とは何か?

それは「ここでこれやったら絶対ヤバい、怒られる、演奏が崩壊するかもしれない、でもやりたい…どうしてもやりたい……えーい、いったれ!」と、勇気を出してダメな方へ一歩踏み外すことです。

もちろん本番で、お客さんの前で。

成功するか失敗するかは五分五分です。

しかし、成功しても失敗してもどっちでもいいんです。

なぜならジャズだからです。

ジャズは”アウト”した勇気を常に称える音楽……のはずです。

 

ジャズで仕事をしている人なら、ギリギリの判断で”アウト”に進んだ瞬間を経験したことが一度はあるでしょう。

全部の毛穴から汗が噴き出るようなあの感覚、同時に全身が凍り付くような恐怖感、一瞬時間がゆがむような感じ、終わった後のまるで別人になったような気分、自己嫌悪、そしてまったく予想していなかった観客やメンバーからの賞賛……。

それはどれだけ勉強しても、どれだけ練習してもできることではありません。

逆に、奈落の底へと一歩道を踏み外す勇気があれば誰にでもできます(もちろん、音楽的に成立させる必要はあり、そのための練習や勉強は必要ですが)。

僕はその精神を”アウト”と呼んでいます。

勉強し、何度も練習し、丁寧に共演者に根回しまでして(「ここ○○スケール使いますんでよろしく」みたいな)から披露する”アウト”は”アウト”でもなんでもありません。

 

ですから僕はいわゆる”アウト”を使うのがやっぱり嫌いです。

勉強もしないし、教えもしないです。

自分がアドリブをするときは、あらゆる面で踏み外す勇気を持つことだけを考えて行います。

それが結果的に(いわゆる)”アウト”になっているかどうかは運任せでしょう。

レッスンでは正解か不正解かで不正解を選ぶ勇気について、アドリブを教えるかなり早い段階で詳しく説明しています。

実際にベテランのジャズプレイヤーさんに教えたときも、「それは知らなかった」と感心されていました。

そういった”精神のアウト”、”本当のアウト”に興味がある方は一度教室までお越しください。

ジャズに人が集まらない理由

ジャズに人が集まらない理由

 
ジャズギターがつまらない理由

ジャズギターがつまらない理由

 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com
k-yahata.hatenablog.com

【広告】