【広告】

ジャズにおける日野皓正の価値について元ジャズミュージシャンが本音で語ってみた

一連の報道で日野皓正というジャズミュージシャンをはじめて知ったという人は多いと思います。

ただ、この人が具体的にどういったアーティストで、どういった価値があるのかは熱心なジャズファンかジャズミュージシャンでないかぎりなかなかわからないと思います。

おそらく多くの人は「世界的アーティスト」「ジャズの大御所」「なんかすごい人らしい」ぐらいに感じているでしょう。

そこで、元ジャズミュージシャンである僕がジャズの歴史(日本のジャズではなくジャズそのものの歴史)において日野皓正がどういった価値を持つアーティストなのかを解説してみたいと思います。

個人の趣味嗜好でも思い込みでもなく、もちろん私怨でもありません。

 

では結論から言いましょう。

日野皓正の音楽に全く触れなくてもジャズを正しく理解し、楽しみ、学ぶことはできる。だから彼の音楽に触れる”必要”はない。

これが僕の見解です。

好きなら聴けばいい、でも絶対に外せない人ではないです。

これだけでは説明不足なので以下詳しく解説していきます。

 

どんなジャンルにおいても、好き嫌いはともかく、この世界に入るためにはこの人の作品には絶対に触れておかねばならないという重要人物がいます。

ジャズの場合は、各楽器ごとにそういった人たちが存在します。

例えば私はギタリストですが、ギタリストの私が絶対に聴いておかねばならないジャズピアニスト、ジャズヴォーカリスト、ジャズサックス奏者、ジャズドラマー、ジャズベーシスト……などが存在します。

なぜ聴いておかねばならないかというと、その人の楽曲やサウンド、奏法、アドリブ、ハーモニー、グルーヴなどに触れておかないとジャズにおける重要なことを学べなくなるからです(ジャズを楽しむという意味においても同様)。

では絶対に聴いておかなければならないトランペッターを挙げてみましょう。

 

マイルス・デイビス、ディジー・ガレスピー、ルイ・アームストロング(サッチモ)、クリフォード・ブラウン、リー・モーガン、チェット・ベイカー、フレディ・ハバード、アート・ファーマー、ケニー・ドーハム。

 

少なく見積もってこれぐらいでしょうか。

他にもブルー・ミッチェル、ウイントン・マルサリス、ロイ・ハーグローブなども挙げられます。

彼らの主要アルバムは絶対に聴いておく”必要”があります。

そうでないと、ジャズにおける重要な何かを見落としてしまうことになるからです。

例えば、マイルスデイビスの「Kind Of Blue」というアルバムはジャズを学ぶ(楽しむ)ためには絶対に聴いておかなければなりません。

Kind of Blue

Kind of Blue

  • アーティスト: Miles Davis,Jimmy Cobb,John Coltrane,Paul Chambers,Wynton Kelly,Cannonball Adderley,Bill Evans
  • 出版社/メーカー: COLUMBIA/LEGACY
  • 発売日: 1997/03/27
  • メディア: CD
  • 購入: 12人 クリック: 130回
  • この商品を含むブログ (186件) を見る
 

これは好き嫌いとか趣味の問題ではないのです。

絶対、なのです。

僕もジャズをはじめてすぐに先生からそう言われてCDを買いました(理解し感動できるまでに10年ぐらいかかりましたが……)。

しかし、日野皓正の音楽は聴いておく”必要”はありません。

好きなら聴けばいいし、嫌いならスルーしても特にジャズを学ぶ上で何かを見落とすことにはなりません。

 

勘違いしてほしくないのは、僕は日野の音楽そのものに価値がないと言っているのではありません。

ファンの方には素晴らしい音楽なのでしょう。

また、日本のジャズ史を語る上では絶対に外せないアーティストです。

しかし、ジャズ全体の歴史の中では完全にスルーしても何の問題もない人です。

それは、日本人がジャズを学ぶ過程においても同様です。

事実僕はジャズを学んできて「日野皓正を聴け」と言われたことは一度もないし、ジャズ関係者から日野皓正という単語が発せられたことを見たことがありません。

日野皓正が好きというジャズミュージシャンにもジャズファンにも出会ったことはありません。

仮に誰かがジャズファンの前で「日野皓正が一番好き」と言ったら、そこには確実に変な空気が流れるでしょう。

『この人はなんでレジェンドたちを差し置いて日野の名前を出したんだろう?もしかしてにわかか?でもそんなこと言えないし、めんどくさいジャズファンだと思われたくないし、あれ、もしかして自分は試されているのか???』という空気です。

それぐらいジャズ関係者にとっては不思議なことなのです。

 

そこに時間使ってていいの?

もっといいトランペッターが膨大な音源残してるのに日野で本当にいいの??

という感じです。

まあこの辺がジャズファンのめんどくさいところなんでしょうね。

 

せっかくなので、聴いておくべきトランペッターのアルバムを貼っておきます。

選定は僕の趣味です。

ソニー・サイド・アップ

ソニー・サイド・アップ

 
ザ・クッカー+1

ザ・クッカー+1

 
チェット・ベイカー・シングス

チェット・ベイカー・シングス

 
Hub-Tones

Hub-Tones

 
クリフォード・ブラウン・メモリアル・アルバム+8

クリフォード・ブラウン・メモリアル・アルバム+8

  • アーティスト: クリフォード・ブラウン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2016/09/28
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】