【広告】

アコギの難しさ 生を想定するか、マイク録りを想定するか

最近ときどきアコギを弾くようにしていますが、弾けば弾くほど難しさがわかってました。

何が難しいのかというと、アコギはフォーマットが多すぎるのです。

エレキギターの場合は原則、弦の振動をピックアップに拾わせ、それを電気信号化してどこか(アンプ、PCなど)に送るというフォーマットしかありません。

 

一方、アコギはそのフォーマットが複数存在します。

生で弾くか、マイクで録るか、ピックアップで拾うか。

その選択肢によって弾き方が変わってきます。

マイクで録るにしても、ソフトに弾いてオンマイク気味で録るか強く弾いてオフマイクで録るかでもやはり弾き方が変わってきます。

そのため、「何をしたいか」がはっきりしないとアコギは正しく弾けないのです。

例えば、「少人数の前で生で歌伴をする」という目的があれば、そのための正しい奏法が決まります。

ピックアップを付けたりマイク録りをする場合はまた弾き方が違ってくるでしょう。

 

アコギは想定される範囲が広いので、やりたいことが決まってから本格的な練習に入るといいでしょう。

エレキギターの方が多彩ですが、入力がはっきりしているので、ジャンルや演奏形態が変わっても奏法としてはそこまで変わることはありません。

アコギを弾いていて、そういったことがわかってきました。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 
ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

 

 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】