ギターを弾く際、前腕が回転していることと前腕の回転でピッキングすることは違う

ギターのピッキングやカッティングにおいて、「前腕の回転」はかなり浸透していると思います。

ただ、前腕が回転していることと、前腕の回転でピッキングすることは違います。

ここがわかっていない人がかなり多いようです。

 

前腕が回転していたとしても、手首がふらふらしていたり、同時に肘が上下していればその効果は半減します。

前腕を回転させてピッキングする場合は、手首、肘、親指などほかの部位を動かさずに前腕のみで運動することが重要なのです。

しかし、これを自分で判断するのは至難の業です。

僕はピッキング研究を二年半以上続けてきて、ようやく前腕だけ使えているかどうかを判断するポイントを発見しました。

(教室ではもう教えています。本件も含め来年まとめて公開予定)。

 

身体部位の機能を研究するのはおおいに結構ですが、初心者やかじっただけの人は研究する部位だけにとらわれてしまいがちです。

また、頭の中にサウンドやプレイのストックが少ない人も身体操作云々は後にして、まずはいろんな音楽を聴いて、演奏してみましょう。

身体操作を練るのは、結局いい音を出し、イメージ通りのプレイをするためですからね。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 
ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】