【広告】

「ステージ上での失敗を顔に出すのはアマチュア」というけど、顔に出してる方が逆に盛り上がったりもする

よく「ステージ上で失敗しても何食わぬ顔で続けないといけない。『間違っちゃった(テヘペロ)』みたいな顔をするのはアマチュアかそれ以下」という意見があります。

僕も基本的にはそれに賛成です。

けど一方で、失敗して思いっきり動揺しながらテヘペロしてる方がなんか盛り上がったり、アーティストに親近感が湧いたりすることもあります。

有名な例だとTM RevolutionさんがHEY HEY HEYに出演されたときや、細川たかしさんが紅白(昭和59年)で歌詞を間違えたときなど。

YOUTUBEで再確認しましたが、何食わぬ顔どころか「あれ?あれ?」「歌詞間違っちゃってごめんなさい」と思いっきり間違いを表に出しています。

でも観ていて嫌な気持ちにはなりませんし、むしろ楽しくなってきます。

お客さんもその瞬間湧いています。

 

まあだからといって誰にでも当てはまるわけではないだろうし、そもそも上記のお二人は人気も実力も申し分ない大御所で、しかもめったにないハプニングだから好意的に受け止められるのでしょう。

実力もまだそこそこなのに毎回間違えまくってたら反感買うでしょうね。

 

結局、お客さんが楽しんでくれればそれでOKなのでしょう。

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】