【広告】

楽器の身体操作で、歴の浅い人が勘違いしていること

楽器の演奏における身体操作について、歴の浅い人が勘違いしていることがあります。

それは、一度できるようになった事はその後ずっとできている、という思い込みです。

例えば、前腕の回転という動きで見てみましょう。

 

前腕の回転がまだ使えない人は、「できる」を目指して訓練します。

そしてそれが「できる」ようになった暁には、それ以降はずっと前腕の回転が正しく使えるようになるとイメージしている人がほとんどでしょう。

実際にはそんなに都合よくはいきません。

 

前腕の回転は比較的習得しやすい身体操作ですが、ふと気づくとあるときにできていなかったりします。

また、特定のフレーズではちゃんと使えるけど別のフレーズになると前腕が使えていないということもあります。

このようにちょっとしたきっかけでできていたりできていなかったりするのが身体操作です。

 

そんなに曖昧なものなら教える価値はないんじゃないかと思う人はいるかもしれませんが、それもやはり、できる・できないに固執した二元論的な考え方です。

身体操作を学ぶ利点は、自分の行っている運動のチェックポイントを明確にすることにあります。

例えば、前腕の回転で弾けていたフレーズが急に引っかかるようになったとします。

そうしたときに、ここは前腕の回転で弾いていたはず→なぜか急に弾けなくなった→では前腕の回転に問題があるのではないか? とすぐに原因を究明する作業に入れます。

そして、自分の弾き方をチェックしてみると、案の定前腕の回転が甘くなっていたり、全く別の運動になっていたりします。

そこまでわかれば、あとは前腕の回転を再度練習しなおせば問題は解決します。

なんとなく弾けていたフレーズがなんとなく弾けなくなった場合、原因は曖昧なままになってしまいます。

 

このように、身体操作は基本、「できた」を目指すというよりは、何かあったときのチェックポイントとして考えるべきでしょう。

身体操作はできた・できないといった単純なものではないし、「できた」らそこで終わり、その後は永久にできている状態が続くというものでもないのです。

こういった事は演奏歴がある程度ないとピンとこないので、歴の浅い人や若い人にはなかなか分かりづらいのかもしれません。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 
ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

 

 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】