【広告】

ギターのピッキングで親指を使っているのか人差し指を使っているのか把握できていますか?

ギターを弾く時、ほとんどの人はピックを親指と人差し指で持ってピッキングしていると思います。

この時、例えば「今前腕を使っている」「手首を使っている」といった事は比較的把握しやすいのですが、「親指を使っている」か「人差し指を使っている」かはなかなか自分では把握しきれません。

親指と人差し指でピックを挟んでいるのでなんとなく両方を均等に使えているような気がしているはずです。

しかし、ピッキングの研究を続けていると、どうやらそうではないということに気が付きました。

どちらか一方が不用意に緊張していたり、あるいは無駄に緩んでいたりすることが多々あり、しかも自分ではなかなかそれに気づけないのです。

なぜそうなるかというと、ほとんどのギタリストはピッキングをする際に「人差し指と親指でピックをつまむ」までしか意識を持っていないからです。

だから親指と人差し指の力の使い方が曖昧になってしまうのです。

 

今現在、これを直して力の使い方を統一するための練習をしています。

結論を言うと、人差し指に余計なことをさせずに親指だけでピッキングをします。

(前腕と親指を連結させるというのもありますが、それはまた別の話)。

長年の癖があるのでまだ完全に移行できてはいませんが、うまくいったときはびっくりするほどスムーズにピッキングができます。

 

ピッキングで悩んでいる人は親指と人差し指をよくよく観察してみましょう。

どちらかが不用意に力んでいたりあるいは緩んでいるということがあるはずです。

もちろん音楽なので、それが味になっていればそれで良いのですが。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 
ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】