ピッキングをする際、右手は絶対に固定してはいけない

古くは拙著「ギタリスト身体論」や 当ブログでも度々書いている事ですが、ピッキングをする際右手は絶対に固定しないほうがいいです。

ほんの一カ所でもどこかにくっつけて動かない部位があると、ピッキングは多大な制約を受けることになります。

例えば、小指の先だけボディにくっつけて弾く、手の側面をブリッジにくっつけて弾く、などなど。

では、ピッキングする右手を完全に浮かせて弾けばいいのかというとそうではありません。

右手がボディーやブリッジを触っているのは構いません、触った部分がくっついて動かないのがダメなんです。

この辺はなかなか文章で説明するのが難しいのですが、違いがわかるとびっくりするぐらいピッキングの精度が上がります。

 

ピッキング(特にテクニカルなプレイ)で苦労している方は、右手がどこかにくっついていないかどうかいちどチェックしてみましょう。

 

蛇足ですが、ある程度までのプレイなら右手をどこかにくっつけながらでも弾けることは弾けます。

しかし、ある程度以上のプレイになってくると右手をくっつけることが弊害となってしまうのです。

ですから、それほどテクニカルなプレイをしない人なら特に気にする必要はありません。

どこまでが「ある程度」で、どこから先が「ある程度」以上なのかというのもなかなか説明しづらい問題ですが。

 

とにかく右手は動くに越した事は無いので、できるだけボディやブリッジにくっつけずにピッキングするようにしましょう。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 
ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

 

 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】