【広告】

エクササイズとは、クリアするためにやるものではなく、自分のフォームのどこに問題があるかを知るために行うもの

楽器を演奏するためのエクササイズは、一般的にクリアしていくものだとされているようですが、僕はそうは思いません。

エクササイズは、自分のフォームや奏法のどこに問題があるかを発見するために行うものです。

設定されたテンポや基準とされる演奏に達していなかったとしても、自分にとっての問題点が発見できればそのエクササイズはもうやる必要はありません。

もちろん、クリアしなければ改善されない問題や、発見できないことがあったり、クリアすることで問題が解決するのであればればそこまでやるべきですが。

 

エクササイズを律儀にクリアと言えるレベルまでやるのではなく、そのエクササイズで自分が何を発見したいのか、何を改善したいのかをよく考えて取り組みましょう。

自分にとっての必要なこと、問題点がはっきりと分かった時、自分がそのエクササイズを本当にクリアしたと言えるのだと僕は思います。

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】