楽器が弾けなくてもブルースを感じる方法

ブルースとは不思議な音楽です。

形式のことかと思えばそうでもないし、楽器が上手くてもブルースにはならなかったりします。

そんな不思議な音楽を感じるための具体的な方法をここに書いておくので、参考にしてください。

 

1、悪いことをする

優等生にはブルースはわかりません。

悪いことをやっておくとやがてそれがブルースになります。

できるだけジメジメした、後々武勇伝にすらならない悪いことだとなおよし!

 

2、バーボンを飲む

バーボンは唯一ブルースの味がする飲み物です。

スコッチではだめです。

テネシーウィスキー(ジャックダニエル)もフルーティでなんか腹立つからダメ。

ブルースを感じたければバーボンを飲みましょう。

初心者にはEARLY TIMESがオススメ。

下戸の人はブラックコーヒーでもまあいいですが、ちょっと毒が足りないです。

 

3、死を身近に感じる

死を身近に感じた時、ブルースが漂ってきます。

特に家族や好きな人、友達など。

自分ならなおよし!

 

4、信用していた人に騙される

家族、友人、恋人、信用していればいるほど効果が期待できます。

 

5、信用してくれてる人を騙す

騙されるだけでは足りません。

自分を信用してくれてる人を騙しましょう!

その背徳感と悔恨のなかにブルースが聞こえてきます!

 

5、全部やる

バーボンを飲み、悪いことをした後に騙されて死にかけましょう!

これであなたも立派なブルースマンの仲間入りです。

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】