【広告】

アドリブ中級者はローポジションとハイポジションの行ったり来たりをやめよう

ギターでアドリブをする際、慣れてくるとローポジションとハイポジションを頻繁に行ったり来たりする人がいます。

いろんなポジションを使えた方がアドリブに幅が出るような気がしますが、行ったり来たりすることによるデメリットも存在します。

 

ローポジションからハイポジションに移動し音域が高くなるとアドリブも盛り上がってくるのでこれは良いことなのですが、そこからまたすぐにポジションを下がってしまうとアドリブ自体も盛り下がったように聞こえてしまいます。

ですので、ローポジションでしばらく弾いていて、ここぞという時にハイポジションに上がり、そのままアドリブのエンディングを迎えるというのが理想です。

 

ある程度指板上のポジションが見えてきても、それらをむやみに行ったり来たりするのではなく、方向性を持たせるようにアドリブを進めてみましょう。

といっても、方向性はローポジション→ハイポジションしかないと言っても良いのですが。

 

もちろん、行ったり来たりを絶対にしたらダメというわけではありません。

ただそれで説得力のあるアドリブをするのはかなり難しいです。

ギタリストのためのアドリブの入り口 ゼロから始めて誰でも学べる画期的アドリブメソッド

ギタリストのためのアドリブの入り口 ゼロから始めて誰でも学べる画期的アドリブメソッド

 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】