スキャロップド・フィンガーボードは速弾きのためではなくビブラートのためにある

ギターの指板をえぐる、スキャロップドという加工があります。

イングヴェイ・マルムスティーンが好んで使っていることで有名です。

そのことから、スキャロップド指板で聞くと速く弾けるといったことが言われたりしますが、速弾きとスキャロップド加工は基本的に関係ありません。

実際に弾いてみればすぐに分かることです。

 

ではスキャロップド加工は何のためにあるのかというと、ソフトに押弦したまま強くビブラートがかけられるようにするためだと僕は解釈しています。

普通の指板の場合、最小限の力で押えただけだとビブラートをかけたときに弦が思いどおりに上下しなかったり、指が外れたりしてしまいます。

そのため、ビブラートをかける際には少しだけ強く押弦する必要があります。

しかしそうするとほんの少しだけ左手が力みます。

その力みは、ビブラートを止めてまたフレーズを弾いていく際にも残ってしまいがちです。

 

この問題を解決してくれるのがスキャロップド・フィンガーボードというわけです。

弦を最小限の力で押さえながらそのまま強くビブラートをかけ、脱力したまま、また次のフレーズに移っていく…スキャロップド加工された指板ならそれが可能となります。

ほとんどの人はビブラートをかけるときにほんの少し力んでいるので、スキャロップド・フィンガーボードでビブラートをかけたとき、かかりすぎると感じるはずです。

僕も一度弾いてみたときは、ビブラートがかかりすぎて弦がネックから外れてしまいました。

気になる人は試してみてください。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】