ギターで低音弦をミュートしながら弾く際、ミュートに使う箇所を変えてみると弾きやすくなる

ピッキングとミュートの関係性です。

ロックギタリストでリフ中心のプレイをしている人は、ミュートしながら弾くときの感覚を重要視していると思います。

ほとんどの人は手首を内側に曲げ、親指のMP関節(第二関節)を開いたフォームで、小指側の手首の近くあたりの肉が分厚いところを使ってミュートしながらピッキングしているはずです。

こうすることによりミュートに対する安心感は得られるのですが、一方で親指がフラフラしたり逆にガチガチに緊張したりすることが多々あります。

まあだいたいのリフはそれでも弾けるのですが、ちょっと音数の多いリフや弦移動の多いものだと詰まって弾けない人もいるのではないでしょうか?

 

低音弦をミュートしながらもタイトに弾きたい、音数の多いリフを詰まらずに弾きたいといった場合は、親指を伸ばしたまま弾くのが有効となります。

しかし、親指を伸ばしたままいつもの場所(小指側の手首の近くあたりの肉)でミュートするのはかなり苦しいはずです。

ピッキングのアングルも変わりますしね。

 

そこで、親指を伸ばすことを優先させるために、ミュートに使う箇所を小指の付け根(小指と手のひらの境目あたり)にしてみましょう。

小指と手のひらの境目あたりだと肉が薄くなるので、ミュートに多少の不安感は出ますが、やってみるとサウンド的にはそれほど違いは出ません。

しかも、親指のMP関節のぶらぶら感や緊張などが出なくなるので、リフがいつもよりタイトに弾けると思います。

ピックのヒット感や肩の感じなどかなり違和感は出ると思いますが、慣れると快適になってきますよ。

ハードロック、メタルギタリストの方はいちど試してみてください。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】