ギターのピッキングと指の脱力

ギターのピッキングは難しいです。

ただ単にビックを持って弦に当てるだけなのですが、そこに様々な要素が絡んでき、無意識のうちに非合理的な動きになってしまうことが多々あるからです。

そこで、ピッキングをピッキングたらしめている要素を分解し、それぞれを個別にチェックしていくという方法を僕はとっています。

今回は親指と人差し指について。

まずピックを持つということについて考えてみましょう。

ピックを持つとき、次の三通りの力のかけ方があります。

 

1、親指と人差し指でピックに圧力をかける。

2、親指でピックに圧力をかけ人差し指は脱力。

3、人差し指でピックに圧力をかけ親指は脱力。

 

1はおそらく誰でも無意識に行っています。

3はあまり実践的ではありません。

2の力の使い方はかなり実践的ですが、意外とできていない人が多いのではないでしょうか? 

1でも普通に弾けますが、繊細なピッキングを要求されるフレーズでは、上記2の力の使い方が必要となります。

じゃあどのプレイまでは人差し指に力が入っていても良いのか、どういったプレイから人差し指の脱力が必要なのかはっきりと分けることができませんが、体感的に「弾きにくいな」と感じるフレーズでは人差し指の脱力が必要になってくるはずです。

そして、人差し指の力が抜けてくれば、親指はかなり細かく動くようになります。

 

人差し指が脱力できているかどうかを確認する方法は、まずピックを持ち、親指をそのままぐっと押していきます。

親指を押してもピックがほとんど動かない場合は人差し指と拮抗している=人差し指に力が入っていることになります。

親指を押すとピックがぐーっと動きダウンピッキングのようになる場合は、人差し指の力が抜けています。

その場合は人差し指が押し戻されるような動きになっているはずです。

【広告】.

 

 合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】