ギタリストは右足が固い? ギターを弾く際の足の緊張について

先日、ギターを弾いているときにふと右足が緊張していることを発見しました。

今まで全く考えもしなかったし気づきもしなかったのですが、ギターを弾き始めると確実に右足に緊張が走っているのが分かります。

そして一旦手を止め、注意深く緊張を解き、そしてまた弾き始めると右足がピクピクしてきます。

そこでふとあることに気づきました。

僕は長年、ギターも座って弾くときに必ず足を組んでいました。

何故かと言うと、その方がギターの位置が高くなり弾きやすくなるからです。

しかし、ある時から日常生活も含めて足を組む癖を止めました。

その頃から、座って弾く時に右足をつま先立ちさせることが増えてきたように思います。

高さが欲しい、でも足は組めない、ということで無意識につま先立ちにさせていたのでしょう。

そんな不安定な状態で弾いていれば、右足は常に緊張していたはずです。

改めて両足を地面にべったりとつけるようにしながら弾いても、やはり右足だけはあちこちに緊張が走ります。

足の緊張とギターの演奏がそれほど関係あるのかどうか、はっきりとした答えはまだ持っていませんが、僕は大いに関係しているように思います。

 

ギタリストの皆さんは、いちどギターを弾いているとき自分の足が緊張していないかどうかを観察してみてください。

左足にギターを乗せる人は左足が緊張しているかもしれません。

足の緊張を取ることでギターをよりリラックスしながら聴けるようになるのかもしれませんが、これはまだまだデータ不足なので断定はできません。

ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

 

 

【広告】.

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】