【広告】

親指のどの部分に圧力をかけるかでピッキングの感覚が変わってくる

ギタリストの皆さんは、ピッキングをする際親指のどの部分に圧力がかかっているかを認識していますか? 

おそらくほとんどの人は、親指全体にぼんやりと圧がかかっているように感じているのではないでしょうか? 

あるいはそういったことを全く考えもしなかった人もいるかもしれません。

今回は、ギターのピッキングをタイトにするための方法をご紹介します。

ブログを読んだだけでできるかどうかは分かりませんが、簡単なので一度試してみてください。

まず、ピックに対して圧力をかける親指の位置をご紹介します。

写真の黒点の辺りです。

f:id:k_yahata:20170527080046j:image

親指の内側を正面から見たときに、かなり右側に位置します。 

この辺でピックに圧力がかかるように調節します。

ピックを持った時に少し下からすくいあげるような感じにすると、黒点のあたりで圧力をかけられます。

親指の黒点のあたりが、ピックの黒点(写真参照)のあたりにきます。

f:id:k_yahata:20170527080400j:image

こうすることによりピックの先端側がしっかりと締まり、ピッキングしてもピックがブレにくくなってきます。

親指がピックにかける圧力は調節可能ですが、そこまで強くなくても大丈夫なはずです。

問題は黒点のあたりを当てるための親指の使い方ですが、これはちょっとコツがいるので、わからない方は一度教室にお越しください。

うまくいけばピッキングの感覚やサウンドががらりと変わってくれるはずです。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 
ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

 

 

【広告】.

 

 合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】