読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

若者からの支持は後が怖い 息の長い活動を目指すのなら上の世代の反応を見よう

なんにせよ、売れるためには若者からの支持は必須だと思われます。

若者の支持を得られるために、日夜リサーチしたり、創作を工夫したりしている人は多いでしょう。

そうして若者の心をつかみ爆発的に売れる人、そこまではいかなくてもある程度の地位を確立した人は多く存在します。

しかし、怖いのはその後です。

【広告】

 

若者の間のブームは一瞬で去りますし、ブームが去った後の手のひら返しがきついのも若者の特徴です。

今の自分が最先端であることを主張するために、少し前のブームを卑下するという事を誰でもやったことがあるはずです。

それが時代の空気となってしまったら、少し前のブームの当事者は、短くても数年は不遇の時代を過ごさなくてはいけません。

 

こうしたケースは誰でも理解できるはずなのですが、いざ人気の当事者になると途端にそれが見えなくなるようです。

わかりやすいところで言うと、スイーツブームの波に乗って店舗を増やしまくったものの、ブームがすぐ去り、経営が立ち行かず次々と閉店を余儀なくされるスイーツ店などがそれです。

ブームなんてすぐ去るとわかってるのになんで馬鹿みたいに手を広げるんだろう?と誰もが思うはずですが、やはり当事者はそれがわからなくなっているのでしょう。

【広告】

 

そういったことをかんがみると、若者をターゲットにするよりも、(自分が若いのであれば)自分より少し上の世代に支持される内容を目指すべきだとぼくは考えます。

 

歳を重ねるにつれて、誰でも経験値が上がっていきます。

多くの人は、物事に慎重になり、気分や空気だけでは動かなくなっていきます。

もちろん、大人でもブームに乗っかって騒いでいる人もいますが、若者に比べるといつか覚めることがわかった上でリスクを回避しつつ上手に乗っかっている人が多いと思います。

そういった大人たちから支持を得られるという事は、ある程度中身が評価されていると考えられます。

また、若者は千差万別ですが彼らも大人になるにつれてどんどんと一般化されていきます。

大人をターゲットにしていれば、成長し一般化された元若者が新たに自分の顧客となることも期待できます。

そういった意味で、比較的早い段階から上の層の支持を狙っていくと、続ければ続けるほど顧客が増え、息の長い活動ができるのではないかと思います。

それだと爆発的な人気は期待できないでしょうが、その後の反動を考えると、爆発的な人気などない方が長く楽しく活動できるのではないかと思います。

k-yahata.hatenablog.com

 

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com