【広告】

「気持ち」を確認しないと継続できないなら早めにやめといたほうがいい

先日の記事の続きです。

k-yahata.hatenablog.com

様々な分野でプロを目指している方は大勢いらっしゃると思います。

その中で、強い「気持ち」をキープしようと努力している人もいるでしょう。

いわゆるモチベーションというやつです。

プロを目指すきっかけ(好きなアーティスト、通っていた学校、決意した場所など)を何度も再現し、その都度「気持ち」を確かめるということをしている人もいるかもしれません。

はっきりって、いちいちそんなことをしなければ継続できないのならやめといたほうがいいです。

なぜなら、「気持ち」なんてものはちょっとしたことで吹き飛ぶほど脆弱なものだからです、。

そして、継続する人は「気持ち」に頼らず、何があろうがなかろうが黙々と続けています。

つらいことがあっても、不安になっても、友達が減っても、身内に不幸があっても続ける人はただ続けます。

そういう人はいちいち「気持ち」など再確認しないでしょう。

もちろん、聞かれれば自分が強い「気持ち」を持つに至ったきっかけや経緯などのエピソードは出てくると思います。

それがインタビューであれば、ライターが誇張してドラマ仕立てに書くでしょう。

しかし、長年やっている人やプロになった人で、いちいち「気持ち」を確認しモチベーションを上げないと前に進めないという人はいないと言っても良いでしょう。

 

「気持ち」を確認しないと継続できない、前に進めないと言う人は、はっきりってやめといたほうがいいです。

なぜなら、前回の記事でも書いた通り、「気持ち」なんてほんのちょっとした出来事で揺らぎ、簡単に消え去るほど脆弱なものだからです。

そこを足がかりにするほど危険な事はないと僕は思います。

「気持ち」(きっかけ、やる気、強い思い、承認願望、モテたい、見返したい、etc)が全部なくなったところでもまだ続けられるか、動けるか、というところを一度イメージしてみましょう。

それでもいけそうなら、プロになれるかどうかはともかく、ずっと継続していく事は可能だと思います。

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】