女性ギタリストが活躍している気がするけど、個人的には当然だと思う

今日では、かつてないほど女性ギタリストが活躍しているような気がします。

ほんの少し前なら「女がギターなんて」とか、「女でもこれが弾けるのか?」みたいなことを普通に言う人はいましたが、今ではもうそういう人はほとんどいないでしょう。

さて、ギター講師として言わせてもらうと、女性の方が男性よりも上達は早いですし、ギターに向いているとすらいえます。

そもそも力がないので最初から脱力に近い状態だし、あと、女性の方が言われたことを素直に実行します。

だから、きちんと合理的な奏法を教えれば、男性よりも女性の方が早く上達します。

男性の場合、力まかせにやる人が多いのでそこから力を抜いていくのに苦労するのと、教えたことを度外視して自分のやり方を模索しようとするので大抵遠回りになってしまいます。

ただ、女性の方が辞めるのも早い気がします(レッスンをやめるだけでなく、ギターそのものをやめる)。

そういった意味で、やはり残っていくのは圧倒的に男性が多いのでしょう。

 

とはいえ、昨今の女性プロギタリストの活躍や、女性がギターを弾いても昔ほど変な目で見られないという空気もあり、ギターが弾けるようになりたい、プロを目指したいという女性が増えてきたのかなという気がします。

後は脱力した奏法をきちんと習えるかどうかでしょう。

男性的な弾き方を習ってしまうと腱鞘炎になる危険性はかなり高いです(実際そういった相談も多数受けてきました)。

脱力に興味のある人は「ギタリスト身体論」をご一読ください。

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

 
ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明

 

 

【広告】.

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】