【広告】

カッティングの練習をするときはラインとマイク両方で録音して比べてみるべき

カッティングの練習をしている人は多いと思います。

一生懸命練習して、そろそろ良くなってきたかなと思い録音して聞いてみると、イメージとのギャップに絶望するということも多々あるでしょう。

しかし、カッティングに関して言うと録音した演奏が「ありのまま」であるとは言えません。

もちろん他のプレイもそうなんですが、カッティングは特にリズムのキレがマイキングに左右されると感じられます。

一番わかりやすいのが、ライン録りした時と、マイク録りをした時です。

単純に、ライン録りすると少しシャープになり、マイクだとぼわっと膨らんだ感じがします。

ではどちらが本当の音かというと、どちらも本当の音です。

レコーディングに焦点を絞るならラインで録ったときの音に照準を合わせればいいし、ライブでの音のキレを目指すのなら、マイクで録ってもキレキレなカッティングを目指すべきでしょう。

究極は、部屋の真ん中にマイクをポンと置いて録ってもキレッキレのカッティングができるようになることでしょうが、最初からそれをすると絶望してやる気をなくすのでおすすめしません。

最初はオンマイクとライン録りの両方で確認しましょう。

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】