何かを提唱している本人よりも、それを試している第三者の意見を聞こう

何かを提唱している人がいるとします。

自分がそれに興味を持った時、当然その人を見て自分も試してみよう、習ってみようと考えるでしょう。

逆に、提唱者に魅力がなければ、その意見やメソッドを取り入れる気にならない、という方もでしょう。

それはそれで普通のことではあるのですが、もう少し慎重になりたければ、提唱者の意見やメソッドを実際に試した第三者の意見に耳を傾けてみると、より確かな情報が得られます。

 

というのは、どんなに素晴らしいメソッドでも、本人以外の他人に効果が発揮されなければ意味がないからです。

人はつい、提唱者本人の魅力に感化されてしまいます。

そして、その人のメソッドを行えば自分もその人のようになれるのではないかと無条件に錯覚してしまいます。

逆に、提唱者に魅力があまりない場合は、その人のメソッドを行うと自分も魅力のない人になってしまうのではないかと危惧してしまいます。

しかし、高度な技術や能力を持つ人の意見やメソッドが万人に通用するとは限りません。

また、一見技術が劣る(トッププロの中ではという意味)ように見える人の意見やメソッドが通用しないとも限りません。

それを確かめるために、提唱者本人ではなく、それを行った第三者を探してみるのです。

もし自分と同じレベル、同じ境遇の人が見つかれば、その人がそのメソッドを行った結果を見ることで、かなり高度なシミュレイションとなるはずです。

当然ですが、提唱者本人が自分のことを悪く言う事は絶対にありません。

かといって、習ったことがない人、実際にそのメソッドを取り入れたことがない人には何もわかりません。

実際に習った、意見を聞いて試してみた、メソッドを実行してみたと言う人の情報が一番信用できるのではないかと僕は思います。

もちろん、実際に自分が試してみるのが手っ取り早い事は言うまでもないのですが、なかなかそこに踏み出せない人は第三者の意見を探してみましょう。

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】