【広告】

ギターのソフトピッキングには2種類ある

新しいピッキングが完成し、改めてソフトピッキングには2種類あるということがわかりました。

 

まず「ソフトピッキング」の定義ですが、これはあくまで「ソフトに弾く」ということで、出音がずっとソフトであるわけではありません。

腕をソフトに、柔らかく使うのがソフトピッキングです。

そして、ピックの持ち方次第で、腕をソフトに使ったまま強くてしかも潰れない音を出すこともできます。

一般的に、強い音を出そうとするとピッキングに加速度をつける必要があり、そうすると音が潰れてしまいます。

しかし、新しいピッキングではその加速度が不要になるので、ソフトに弾いても強い音が出せるようになりました。

 

ということで、

 

・ソフトピッキング→ソフトな音

・ソフトピッキング→ハードな音

 

と、2種類使い分けることができます。

前者はレイドバック系、後者はジャストからラッシュ系としても使えます。

ハードロックやメタルをやる人は、後者のハードな音を出すためのソフトピッキングを習得しておくとかなり演奏が楽になり、音も良くなりますよ。

僕も今そのピッキングでハードロックを練習中です。

【広告】.

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】