読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

ギターの運指で悩んだとき、指使いは無視して”裏”を見ていくと出口が見えてくる

ギターの運指で悩んでいる方は多いと思います。

指が上手く動かない、届かない、固まる、などなど。

そんなとき、ほとんどの方は指の使い方を工夫しようとするはずです。

しかし、指使いをどれだけ工夫しても出口が見えないことも多々あります。

というか、そういうケースの方が多いでしょう。

ではそういった場合、どうすればいいか? 

【広告】

 

そう言った場合、”裏”を見ていくようにしましょう。

”裏”とは、正面から見えない部分、つまり手首、前腕、肘などです。

それらの使い方によって運指の問題が劇的に解決されることが多々あります。

というか、長年教えてきた経験から、運指の問題は裏にしかないと考えます。

 

これらについては「ギタリスト身体論2」でさらっと解説していますが、用例があまりにも膨大なので、軽く取り上げただけに留まっています。

ギタリスト身体論 2-脱力奏法の実践と応用 - CD付

ギタリスト身体論 2-脱力奏法の実践と応用 - CD付

 

とにかく、運指で悩んだら手首や前腕を動かしてみるといつもと違った感覚は得られると思います。

一度試してみてください。

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com