【広告】

日本人にとってブルースは弾けてないことを認識するためにやるもの

西洋、特にアメリカでは、ブルースは常に敬意を持って扱われます。

どんなテクニカル志向のミュージシャンでも、ブルースをバカにしたり軽視するような発言はしません。

シュレッドギタリストやコンテンポラリージャズの最先端のプレイヤーでも、話したり習ったりしてみると「自分が目指しているのはBBキングだ」と言っていたりして、驚いたことが何度もあります。

 

一方、日本では昔からブルース軽視の傾向があります。

ちょっとアドリブできるようになっただけで「できた」と勘違いしたり、ブルースミュージシャンがなぜか自分はジャズが弾けないと自虐したり悩んだり、プロのギタリストがBBキングを茶化すような発言を公にしたり…

以前にも書きましたが、日本人にとってブルースは遠すぎて距離感がわからず、だからちょっと記号や形式を覚えただけで「できた」と錯覚してしまうのでしょう。

k-yahata.hatenablog.com

しかし、長年やっていくとブルースほど遠い存在はありません。

どれだけ形式に馴染んでも、どれだけフレーズを覚えてもぜんぜんそれっぽくなりません。

ある程度認識が進んで、フィーリングやタイム感がわかってきても、やっぱりそれっぽくなりません。

ただ、「自分はそれっぽくない」ことが身に沁みて分かっていれば、ほんのちょっとだけブルースに近づいているということは言えそうです。

 

では、自分が弾けてない、それっぽくないことがどうやったらわかるかというと、大人になるしかありません。

逆に言えば、ブルースが弾けてないことがわかってきたら、自分も大人になってきたと思っていいのでしょう。

【広告】.

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】