読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

目当てのギターの音をYouTubeで確認するときのポイント

機材 ギター

欲しいギターがあるけど、どうしても近くには売っておらずネットで買わないといけない場合、とりあえずはYouTubeで検索して出てきた動画を見てみると思います。

それである程度イメージはつくと思いますが、気をつけないといけないのは、動画は必ず加工されているということです。

普通の投稿動画はもちろん、楽器店が紹介している動画などは、売りたいという目的があるので、可能な限りいい音に聞こえるように工夫しているはずです。

そうした中で、楽器のポテンシャルを見抜くのは至難の業ですが、個人的にに基準としているポイントがあります。

それは、弾く人によってサウンドが大きく異なるかそうでないかです。

【広告】

 

誰が弾いても、どんな機材でも大体同じ音がしているギターは、まあまあの楽器です。

ずば抜けて良くもないけど、極端に悪くもない、よくも悪くも弾き手のレベルに左右されない楽器なのでしょう。

もちろん、そういうギターを探しているのならそれで全然OKです。

しかし、それ以上のものを探すのであれば、弾く人によってサウンドが全然違っている物を選ぶべきでしょう。

 

いい楽器は、弾き手を選びます。

あるいは、その楽器に適した弾き方を要求します。

それができない人には、良いサウンドを出してはくれません。

だから、良さそうな楽器なのになぜか全然いい音がしていない動画には、そういった意味で信憑性があると考えられます。

 

とは言え、実物を弾かずにネットでギターをポチるのは全くお勧めしません。

材質、形状、ピックアップの種類、フレットやネックの情報、そして動画(使っているアンプ、マイク)から綿密にサウンドをシミュレイトできるほどの経験があれば、ネットで買う方が楽だしお得ですが、自信がない人は必ず楽器店に足を運びましょう。

どうしてもどうしても楽器店に行くことができないと言う方は、上記の方法でサウンドチェックをしてみてください。

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com