読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

読んでもらえるブログの書き方 17 ポエムらないために ① 倒置法は厳禁

読んでもらえるブログの書き方

ブログ記事を寒い寒いポエムにしないためには、どうやったらポエムになってしまうのかを知ることが一番手っ取り早いと言えるでしょう。

そしてそれらを注意深く回避していけば、ブログからポエム要素が消えてくれます。

 

今回は「倒置法」について。

SNSなどで流れてきたブログに目を通すと、結構な高確率で倒置法が使われていたりします。

偏見かもしれませんが、女性のブログに多いと思われます。

倒置法は、文章の劇的効果を高め、感情を表に溢れさせてくれます。

しかも使い方が簡単なので、ついついやってしまうんだと思います。

【広告】

 

例えば、次のふたつの文章を読み比べてみてください。

 

今も貧困に苦しんでいる人たちがたくさんいることを考えてみてください。

 

考えてみてください、今も貧困に苦しんでいる人たちがたくさんいることを。

 

(②が倒置法、念のため)

①は言いたいことがすっと入ってくると思いますが、②はなんか余計なものが頭にちらついてしまいます(瞳をキラキラさせた可憐な乙女が、胸の前で両手を組み合わせて、明後日の方向に向かってささやいているような…)。

 

そういったイメージの想起を狙ってやっているのなら何も言う事はありません。

しかし、何も考えずつい倒置法を使ってしまっている人は、自分の文章から余計なイメージが溢れ出てしまっていることを自覚しましょう。

もちろん、その分だけ読みにくくなっています。

あと、上記の①の文章を読んで、「何か面白くないな」「もう少しひねりたいな」「もっと劇的に主張しないと伝わらないんじゃないか?」と考えてしまう人は、ポエム体質だといえます。

劇的な文章は、本人が思っているほどに中身は伝わってはいません。

今すぐ使える文章テクニック

今すぐ使える文章テクニック

 

【広告】

 

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com